ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

斉藤由貴、満員御礼の30周年記念コンサートで「卒業」披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月13日~15日東京・日比谷シアタークリエで開催の「天使のララPresents『斉藤由貴30th Anniversary Concert』」の初日を迎えた。本公演は、前売り全席が早々に完売、カメラ席や関係者席を開放後も即完売、当日券も即売と、まさにプレミアムなコンサートとなった。

2015年2月21日に歌手デビュー30周年を迎え、3月11日には、1985年のデビュー以来初の試みとなるジャズスタンダードを選曲した注目度の高い記念アルバム「ETERNITY」(YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS)を発売したばかり。

デビュー当初より携わってきたスタッフを再集結して開かれる本コンサートの初日を迎え、「正直感慨深いと言うよりも、緊張感でいっぱいです。リハーサルの時間が少なかったので、綱渡り的な気持ちです」と不敵に微笑みながらの会場入り。本公演は、ニューアルバム「ETERNITY」のテーマである“誰もが味わった特別な恋の瞬間へのオマージュ”。1986年、あの時代が蘇るかのように、斉藤由貴の懐かしい歌声がオープニングで流れる。そこにまるで星空の下にいるような幻想的な空間に、デビュー当時から変わらない、どこか儚げな佇まいで斉藤が登場。

第1部は、ニューアルバム「ETERNITY」に収録されている「Stardust」や「Lovin’ You」を始めとするジャズスタンダードと、朗読で綴られるストーリーがリンクし、目の前に映像が浮かんでくるようだ。

斉藤は、これまで過ごしてきたかけがえのない30年という日々を、会場の皆さんと一緒に振り返る。「昨年は、来年は30周年だけど何もやらなくてもいいんじゃないかなあ~って黙ってたんです。でもデビュー当時のマネージャーが何かやろうよって。その時は困っちゃったなあ~。でもね、私の周りのスタッフは30年間変わらなくて、だからこそ成り立ったコンサートなんです」と嬉しそう。「そういえば25周年の時は全5公演来て下さった方もいて…、もしかして今回も全部来る人はいるの?来る人、挙手!」と斉藤が聞くと、手を挙げる方が多数。すると斉藤は「なんで?!」と会場はすっかり和やかなムード。

そして第2部は、「卒業」や「初戀」等の往年のヒット曲を、アイドル時代と変わらない歌声で歌いきった。

「デビューから30年経って、今の私にしか出来ない表現もあると思うので、そういったニュアンスも大切にして歌ったつもりです」とコメントを残し、大盛況で初日幕を終えた。

ちなみに、コンサートの時期はちょうど卒業シーズン。様々なところでデビュー曲の「卒業」が流れていることに関して、斉藤は
「私の力というよりも、楽曲が素晴らしいからです。松本隆さんの詩と筒美京平さんの曲の素晴らしさ、武部聡志さんの独特なピアノアレンジが出会い、彼らの才能が響き合って作られた素晴らしいこの曲を歌えたことに感謝しています。『卒業』は私のデビュー曲なので、私にとってとても特別です。自分の中に出会いと別れというものが物凄く大きな位置を占めていて、別れていくことが暗に再会するということを含んでいるニュアンスが好きなので、コンサートではこの曲を必ず入れています。そう言えば私の子供も卒業式だったのですが、参加した卒業式ではいきものがかりさんの『ありがとう』が流れてましたよ」と笑っていた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP