ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ここまで完全再現とは!あのトワイライトエクスプレスの寝台模型が完璧すぎるぞ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大阪〜札幌間を結ぶ日本最長の走行距離の寝台特急であり、その徹底したサービスから『走る豪華ホテル』の異名をとりながらも、先日惜しくも運行終了した「トワイライトエクスプレス」。

実車に乗れなくなったのは残念ですが、ホビーメーカーのトミーテックから、なんとトワイライトの車内を精密に再現した模型が発売されたと知り、さっそく調べてみました。

それがこちらの「内装模型24系25形トワイライトエクスプレスB寝台」。

NM02_2なんといっても列車そのものではなく、寝台に絞ったところが本物のファン心理を掴んでいますね。

注目ポイントは、ご覧の通り忠実なディテール。ハンガーや折りたたみ式ハシゴ、カーテンレールからスリッパなどの小物まで、どれも12分の1スケールで再現しています。

NM02_8

NM02_11そしてここからが真髄。モニターは別途必要ですが、車窓部分にモニターを合わせ設置し、あなたのスマホなどで撮影した走行中の映像を再生すればこんなこともできます。

NM02_3いや〜贅沢な演出です。さらに照明効果も細かく切り替えができ、全灯や室内灯のみにしてみたり、画像のように読書灯だけを点灯させることもできます。

ちなみに外観はこんな感じ。下に写っているのは付属のサウンドユニットで、走行音やドアの開閉音を合わせることで、あなたも旅行気分に浸れます。

NM02_8

販売元のトミーテックでは紹介動画もあり、こちらでは”車掌DJ”こと「SUPER BELL Z野月」さん達によるとても濃い(笑)紹介と共に、モニターを使って実際の列車走行風景とリンクさせた実演もしているので必見です。これは臨場感ありますよ〜。

長く親しまれてきた鉄道ほど「男のロマン」というイメージが強いですが、このキットに関しては女性からの問い合わせも多いそうです。美しい日本の観光地を引き立てているのは、このように旅情気分を盛り上げてくれる列車なのだと改めて感じました。

価格は30,000(税別)で、3月13日からトミーテックより発売しています。

株式会社トミーテック公式サイト「24系25形トワイライトエクスプレスB寝台」

関連記事リンク(外部サイト)

これが日本の豪華寝台列車だ!JR西日本がノスタルジックな「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」を発表!
国内最長路線の寝台特急「トワイライトエクスプレス」のラストラン日が発表!
これは乗りたい!JR九州が2015年夏に運行予定の観光列車の豪華絢爛さよ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。