ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ももいろクローバーZ、全国127館を巡る舞台挨拶フィナーレ!と思いきや、まさかのサプライズが…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ももいろクローバーZが3月15日(日)に東京・新宿バルト9にて公開中の映画『幕が上がる』の舞台挨拶を行った。全国127の上映館を回る全国行脚のフィナーレとなる予定だったが、予期せぬサプライズが待っていた。

 この日は通常の舞台挨拶とは趣向を変えて、ももいろクローバーZの登場からBGMではなく、観客全員のスタンディングオベーションによってメンバーが迎え入れられ、イベントがスタート。更にこの日は有安杏果の20歳の誕生日とあって、客席はファンの持つサイリウムが緑一色に。バースデーソングの後、有安の吹き消す仕草でサイリウムが消える演出によって生誕を大いに祝った。

 総移動距離は約5万キロ、全国127の公開劇場を回る【行くぞ!全国、待ってろ!全館】を遂に完了したこの日。リーダーの百田夏菜子は「全国行脚すると聞いた時は驚きましたが、無事、ここ新宿バルト9にて127館目ということで、おめでたい!」と喜びを語り、「5人バラバラになったり、2人や3人になったり手分けして回らせて頂いたですが、沢山の方々が観て下さっているのを目の前で実感出来て嬉しかったです!」と感謝の気持ちを述べた。

 全国行脚達成についての感想や、各地での思い出などが語られる中、佐々木彩夏は「『お~い!竜馬』を読む」、玉井詩織が「司会力向上プログラム」、百田夏菜子は「宣伝部長」、有安杏果は「全国のモノノフさんの写真を撮る」とメンバーそれぞれが自身に課題を与え、成長したことを発表していたが、高城れには微妙な表情。メンバーから「高城さんは何持って帰ってきたの?」と問われるも「全国の愛情がここに刻まれてるんだ!」と胸を掴んでアピールするも「それはうちらもだよ!」と返されてしまい、メンバーから舞台挨拶の数が一番少なかったことを指摘される場面も。高城は認めながらも「ソロコンサートを頑張った!」とアピール。すると、メンバーも「確かに一回り大きくなって帰ってきた(笑)自信が漲ってる!」と褒められていた。そんな、高城は一緒に北海道を回っていた玉井に「スムーズに進行してくれるのはすごい!」と司会力向上を称賛した。

 また、共演したムロツヨシは、福岡で舞台の千秋楽でこの日は参加できなかった為、生電話で出演。メンバーと息のあった爆笑のやりとりを繰り広げてくれた。更に平田オリザからの手紙も朗読され、全国行脚を労いつつ、「皆さんは、宇宙の果てまででも行ける切符を持っています。私の仕事が宇宙の果てまで伸びる銀河鉄道の、その一つの停車駅であったなら、とても公演なことです」と、彼女たちの更なる活躍が祈られた。

 イベントの終盤には突然、会場に松崎しげるの「愛のメモリー」が流れ、映画のプロデューサー陣が登場。彼女たちのサプライズ発表には欠かせない、同楽曲にメンバーもファンもそわそわとした様子。「まだ終わりたくないと言っていたので、追加が決まりました!」と告げられ、4月11日に舞台挨拶が行わることが発表。会場や登場するメンバーなど、詳細は決まっていないが、盛り上げてくれた劇場で行いたいとし、映画の更なるヒットを祈願した。

◎映画情報
『幕が上がる』
2015年2月28日(土)全国公開
info:http://www.maku-daisakusen.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

ももクロZ主演映画『幕が上がる』 早くも興行収入1億円を突破
ももクロ高城、黒木華に感化され大胆宣言 「日本アカデミー賞の新人賞を取りたい」
ももクロZ主演映画『幕が上がる』初日舞台挨拶にスタッフ/キャスト勢ぞろい 撮影を追ったドキュメンタリー映画も公開決定!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP