ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

違法献金追及中止を示唆した枝野幸男氏 珍妙発言に至る経緯

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「政治家がいろいろな方から寄付を受ける中で『(その企業が)補助金を受けていることを知らなかった』というケースが多々あるのは同感であります」

 これは安倍晋三首相の釈明でも、与党幹部が違法献金疑惑の閣僚たちをかばった言葉でもない。国会で違法献金疑惑追及の先頭に立ってきた枝野幸男・民主党幹事長による3月3日の衆院予算委員会での発言だ。

 この日を境に、民主党は事実上、「違法献金」追及をやめた。この珍妙な発言に至る経緯を振り返る。

 政治家が企業に補助金をバラマキ、受け取った企業から献金をもらう「補助金献金」は国民の血税のキックバックにほかならない。

 そのため政治資金規正法では補助金の交付を受けた企業が「献金を出すこと」も政治家が「献金を受け取ること」も禁じており、違反すれば「3年以下の禁錮または50万円以下の罰金」が科せられる。

 にもかかわらず、安倍首相をはじめ、麻生太郎・副総理、菅義偉・官房長官、塩崎恭久・厚労相、望月義夫・環境相、上川陽子・法相が違法献金を受け取っていた疑惑が次々に発覚した。

 先に引責辞任した西川公也・前農水相(※注)を「法的に問題はない」とかばっていた政権中枢の面々が、軒並み自ら補助金献金に手を染めていたのだから、まさに内閣総汚染状態だ。

【※注/西川氏は農水省の補助金交付団体「精糖工業会」の関連会社「精糖工業会館」から100万円の献金を受け取るなど複数の政治資金規正法違反疑惑を追及され、大臣を辞任した】

 当然、国会は疑惑追及一色となった。民主党は「スナイパー」と呼ばれる議員を中心に調査チームを編成して閣僚たちの政治資金を洗い出し、連日、予算委員会で追及。安倍首相らは「補助金交付を知らなかった」と苦しい釈明に追われた。窮地に陥っていた安倍政権を救ったのは、民主党からの1本の電話だった。

「もうやめましょう」

 読売新聞は3月3日朝、民主党国対幹部から自民党の佐藤勉・国会対策委員長に電話が入り、“手打ち”の申し入れがあったと報じた(3月4日付)。ハシゴを外された民主党のスナイパー議員の一人が憮然とした表情でいう。

「これまでのように一般的な補助金献金を個別に質問するのではなく、補助金の見返り献金など違法性が高い問題に絞って追及していこうという方針が党上層部から伝えられた。なぜかって? それは国対委員長に聞いてくれ」

 電話の主と見られているのは高木義明・民主党国対委員長だ。なぜ、民主党は追及の真っ最中に安倍政権に“塩を送った”のか。高木氏を直撃した。

「電話したのはオレじゃない」

 高木氏は全面否定したうえで、自民党側に電話をしたのは他の幹部かと質問すると、こう反論した。

「確認はしていないが、そんなことをする者がいるはずがない。国会でも追及はやめない。実際にその後、枝野幹事長も補助金問題を追及している」

 その枝野氏の国会質問で飛び出したのが冒頭の発言なのだから、いくら“手打ち”を否定しても説得力がない。そもそも「誰も電話していない」なら読売に抗議すべきだが、それもしていないという。

※週刊ポスト2015年3月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
辞任した西川公也前農水相 地元で「カネ持ってこーや」の異名
前原氏 党支部などに04年まで1億円近い出所不明の収入計上
経団連の政治献金再開 自民と不離一体の集金マシーンの側面

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP