ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

将棋・橋本崇載八段 二歩の直前は「究極の一手を探してた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今日で過去の自分と決別します!」と、悔しそうに大盤を指すのは3月8日に放送された『NHK杯テレビ将棋トーナメント』で「二歩」の反則で敗退した橋本崇載(たかのり)八段(32)だ。

 珍事は準決勝の行方尚史(なめかた・ひさし)八段(41)との大一番で起きた。中盤から終盤にさしかかる92手目のことだった。持ち時間を使いきり50秒…6、7、8と秒読みされる中での「二歩」。トッププロには珍しいまさかのミスである。

「序中盤にかけて凡ミスが続き、行方八段優勢で差がついたところでした。踏みとどまらなければ敗戦濃厚という場面。必死に究極の一手を探しましたが打つ手がない。相当焦っている中でのとっさの判断でした」(橋本八段)

 相手の行方八段が「アッ」と声を上げると、少しして気づいた橋本八段も頭を抱えた。瞬間の重苦しい状況はテレビでも映し出されてしまった。

「頭が真っ白になりその後の感想戦も、どう帰ったのかも覚えていません」

 同杯で初めての準決勝出場。優勝したいという気合いが気負いとなり空回りしていたと、敗因を振り返る。

「優勝の夢も絶たれ、賞金も失って、結構ツライものがありましたけど、鉄の精神力を得ました(笑い)。今後の目標ですか? もちろんNHK杯で優勝。絶対に借りを返してやります!」

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2015年3月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
広澤克実氏 「パの最下位は日ハム。ろくな補強していない」
【書評】異色エコノミストと若き哲学者が経済を徹底討論
スギちゃん、2700他 大会準優勝芸人は優勝芸人より売れる説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP