ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中野ブロードウェイでグルメ探検! ”香林坊” の精進カツ定食はヘルシーなキノコ料理

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

お腹をすかせた中野ブロードウェイ探検家たちの胃袋と好奇心を、きっと満たしてくれるかも。中野ブロードウェイ(東京・中野区)にある“香林坊”は、日本人の味覚を意識した台湾菜食料理。カウンター席の小さなお店で、肉・魚・ネギなどを使わない、ヘルシーな精進料理が楽しめます。

サブカル文化の迷宮で台湾菜食を楽しむ


台湾人料理家のおかみさんは、素敵なおねえさまでした。“香林坊”の歴史は30年に及びます。30年前、中野ブロードウェイの二階は飲食店ばかりだったそうです。いまでは、“まんだらけ”などのサブカル系のお店も賑わっています。

年月とともに客層も変わり、オタク文化とヘルシーな料理文化が共に支え合っているようでした。

肉を使わない濃厚な味わいの“精進カツ定食”


精進料理なので“肉”は使用されていません(一部、卵は使用)。

“精進カツ”は、「シイタケの茎」がベースになっています。他に「くわい」や「人参」などでも練って、数時間をかけて、カツ仕立てにしているそうです。

手間暇をかけて作られた“精進カツ”は、優しい歯ごたえがあります。ご飯は、おかわり無料でした。カツの濃厚な旨味で、ご飯がすすみます。筆者は、二杯もいただいてしまいました。充分に、肉に代わる存在だと思います。


切り干し大根が入った卵焼き、野菜料理、お吸い物、お漬け物なども楽しめました。取材時、“精進カツ定食”は1150円でした。

日替わりで楽しむ


取材した日の「日替わりの定食」です。当然のことながら、肉などは利用していません。肉のように見えるのは、食べた印象では油揚げ。精進カツと同じく、お肉に近い食感でした。味わいはあっさりしていて、食べやすいです。取材時は970円でした。

台湾人料理家による日本人の味覚にあわせた精進料理

おかみさんによれば、菜食料理の流行をただ追うのではなく、日本人の味覚と「普通の食事」から離れないように心を込めて料理をしているそうです。

美味しい料理だけでなく、人々の食生活に寄り添う料理人の姿勢も魅力的です。だからこそ、30年もお店が続いているのでしょうね。また、訪れたくなるお店でした。

お店の情報

お店の名前:香林坊 (コウリンボウ)
場所:東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ 2F
電話番号:03-3385-7005
営業時間:11:30~15:00 17:00~20:00
定休日:日曜日、ゴールデンウィーク
※料金やメニューは筆者の取材時のもの。最新の情報とは異なる可能性があります。
(撮影:筆者)

※この記事はガジェ通ウェブライターの「木村 邦彦」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP