体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[Hilcrhyme]インタビュー – Hilcrhymeじゃないとできないことをやっていきたい

デビュー5周年を終え、ネクストステージに突入したHilcrhymeから届いた新曲「YUKIDOKE」は歌モノ! 6枚目のアルバムを絶賛制作中というふたりに、新作のことや現在のモード、さらにニューアルバムの感触について語ってもらった。

Hilcrhyme (okmusic UP's)

──昨年はデビュー5周年という節目の年を武道館で締め括ったわけですが、どんな1年でしたか?

TOC 5年目…って感じでしたね(笑)。いろいろ思うところもあったんですけど、やっぱり武道館が一番象徴的でしたね。どう?

DJ KATSU 俺はとにかく武道館だったかな。2014年前半はツアーをやってる最中もずっと武道館のことが頭にあったし。武道館以降も年末までライヴをやってたんですけど、やっぱり“武道館以降”という感覚がありましたね。去年は5周年と初の武道館公演っていうものを軸に動いていたって感じです。

──その武道館を終えて、気持ち的にどう変わりました?

TOC 武道館はひとつの目標だったから達成感が大きかったですね。ライヴ自体も満足のいくものができたから…デビュー2年目の時に地元の朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンターでアリーナライヴをやったんですけど、その時は大舞台を持て余している感覚があったんですよ。でも、武道館はそういう感覚がまったくなったですね。あと、“武道館アーティスト”っていう言葉があるのも納得しました、それは自己意識的な話なんですけど。自分の中で“武道館のステージに立った!”っていう自負が大きいです。

DJ KATSU 5年というひとつの区切りがあって、武道館にはお祝いムードがあったというか、周りが浮かれていた感じがあったんですけど(笑)、それに自分も乗ってしまうと、武道館で燃え尽きてしまいそうな勢いだった…まぁ、ライヴ自体はいろいろ反省点もあるんですけど、ソールドアウトにもなったし、やり切ったっていうのはものすごい大きな経験だと思うし、今後の活動にも活きてくると思うから、今は6年目以降に意識が向いていますね。武道館以降、気持ちが切り替わってます。

──DJ KATSUくんの言葉通りだと思いますが、武道館でもう一度スタートラインを引き直したような印象がありますよ。武道館でも“目標としていた1日。でも、明日になれば過去になる”と言っていたし、しっかりとネクスト・ステージを見てライヴをしていたというか。

TOC そうですね。MCでも言ったんですけど、武道館とはいえ、ひとつのライヴに変わりないって。ただ、やっぱり大がかりだったから…あと、ファンの人が楽しみにしていたから、それには応えたいと思っていたんですけど、マインドとしては“いつも通り”っていう感覚で臨みました。そういう気持ちで臨めたことが、5年間やってきた成長の証かなって思います。

──では、昨年はデビュー5周年という節目の年を武道館で締め括ったわけですが、2015年は次のステップとしてどういうことをやっていきたいと思っていますか?

TOC Hilcrhymeじゃないとできないことをやっていきたい…その気持ちが前よりも強くなりましたね。3月に出る6枚目のアルバムは、そういう意識で作ってます。デビュー3年目とか4年目の頃って、ヤバイ!って焦ってたんですけど、5年が経って“そんなに切羽詰まらなくてもいい”っていう気持ちになったんですよね。

──“ヤバイ!”というのは、どういうことで?

TOC 単純にアーティスト生命が、ですね。動員とかCDのセールスは落ちてないんですけど…かと言って、劇的に上がっているわけでもないし(笑)。なので、そこで恐怖感を覚えたというか。でも、“武道館がやれたんだからすごい”ってふうに思えるようになったから、それだけ気持ちに余裕が出てきたんでしょうね。

DJ KATSU TOCが3年目ぐらいの時にヤバイ!って思うようになったって言ったけど、俺の中にも波があって…3枚目のアルバム(『RISING』)は今聴くと暗い曲が多かったり(笑)。時間的に余裕がない中で、納得がいかないことがあったり、お互いの妥協とかもあったり、いろいろ試行錯誤しながらやってきたけど、そういう経験を全てひっくるめた上で、今また新しいやり方が見えてきているんで…それはライヴも制作も。なので、今年はそれをしっかりとかたちにしていきたいと思ってます。

──2015年第一弾が今回のシングル「YUKIDOKE」になるわけですが、この制作はどのように?

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会