ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キッチンで小宇宙が誕生?食材を組み合わせた驚きの写真が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

宇宙をイメージして作られたアート作品が話題になっている。

ニューヨークのブルックリンをベースに活動するフォトグラファー、Navid Baratyさんの新プロジェクト「Wonder Space Probe(ワンダー・スペース・プロウブ/宇宙探査の不思議)」だ。

これはキッチンにある食材を使って作ったニセの宇宙!

たとえば、こちらの写真は「Planet with moons(プラネット・ウィズ・ムーン/月と惑星)」。水とクリーム、ココナッツミルクを入れたグラスの底、食紅と塩、シナモンにベイキングパウダーを使っている。

そして、「Nebula with gas streams(ネビュラ・ウィズ・ガス・ストリーム/ガスと星雲)」は、カットしたファー、ガーリックパウダー、塩、小麦粉、クミンとターメリックの粉で表現。

さらに、「Ghostly anomaly(ゴーストリー・アノマリー/幽かな異常)」は、バターと食紅と塩で。

「Black hole(ブラック・ホール)」は、何も入っていないグラスの底の周りに、塩や砂糖、コーンスターチ、シナモンをまいている。

本当にどの家にもある食材が使われており、そのあまりの身近さに驚いてしまう。

自分の家の食材でどんな宇宙ができるのか想像してみるのも楽しいかも。

Navidさんの公式サイトにはさらにたくさんの”キッチン・ユニバース”のほか、風景を中心とした美しい写真が掲載されているので、興味がある人はぜひ見てみてほしい。

Navid Baraty
http://www.navidbaraty.com/index.php

アート(まとめ)
宇宙(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP