ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

急増中女性トラック運転手 環境がいいので他の職は考えない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今、“トラガール”と呼ばれる女性のトラックドライバーに注目が集まっている。国土交通省自動車局の担当者は語る。

「ドライバーの高齢化が進み、トラック業界における人材不足は深刻な状況です。人員構成を見ると、中高齢層の男性が圧倒的に多い。女性はわずか2.4%で、数にすると約2万人と他の職種に比べるとあまりにも少ない。

 ただ、女性の大型免許取得者は全国で13万人以上います。この中には潜在的にドライバーになりたいと思っているかたはいるはずです。そうした女性に光を当ててドライバーを増やすべく、促進活動を進めています」

 国交省では2020年までにトラガールを4万人に増やすことを目標としており、女性ドライバーが働きやすい環境作りに力を入れている。しかしながら、トラック業界はまだまだ男社会。そこで働くトラガールを追った。

 朝7時、始業のベルが鳴ると同時にラジオ体操をして、上原淳子さん(38才)の一日が始まる。カメラを向けると、「淳子、こっちに寄るなよぉ」と周囲の男性ドライバーがからかう。和やかな雰囲気だ。

 淳子さんが勤めるのは、新潟県にある巻運送。4tの冷凍トラックに菓子製品や原料を積み、製菓会社の工場を行き来する。

「荷物の積み下ろしをしながら、1日、150~200kmくらい走ります。重いものだとひと箱20~25kgの荷物もあって、すべて下ろし終わると『やっと終わった!』と、ホッとします」(上原さん・以下「」内同)

 定時は17時50分。そこで終わることもあれば、2~3時間残業することもある。

「朝は4時に起きます。20才と17才の息子と自分のお弁当を作り、家を出るのは6時半。余裕がある時は前日から仕込みますし、今日は、昨日の夕飯の残りの天ぷらを入れました。他には醤油漬けの焼き魚や卵焼き、もやしナムル、漬物を入れてきました」

 担当は主に県内輸送だが、時には他県へも遠征する。

「昨日は朝3時に出勤して金沢まで走りました。県外へ行く時には、前の晩に息子が『これ持って行って』とハンバーガーを買ってきてくれます」

 もとは実家の農業を手伝っていたが、夫と離婚した10年前にトラック業界に飛び込んだ。

「トラクターなど農耕車の大型特殊免許と一緒に大型免許も取ったので、資格を生かせる仕事に就きたいと思ったんです。新潟は雪が多くて運転には危険というイメージがある。体力的にも女性に務まるのかと随分心配されましたが、『とりあえずやってみたい』と押し切りました」

 今では、「大きい車に乗るのはかっこいい」と、息子たちも応援してくれている。

「週6日働いて、お休みの日曜日も1週間分の食材の買い物や掃除などの家事をしていたら、あっという間に終わってしまう。正直、『あぁ、ずっと寝ていたい』と思うこともあります。仕事と家事を両立できるのは、家族の協力があってこそ。息子たちはゴミ出しやお風呂掃除、米とぎに始まり、私が疲れていたら洗濯をして積極的に家事を手伝ってくれる。下の子が中学生の頃に、『家に帰ってきて、灯りがついてないのはさみしいな』と、言われた時には『そうだよねぇ』と言葉に詰まりましたが…。でもその分、家に帰ったら家族全員でにぎやかに過ごします」

 葛藤もあったのだが、そこは“一家の大黒柱”として迷いを捨てた。

「仕事中に子供が体調を崩すこともありましたが、そこは仕事なのできっちりと線引きをして。『仕事は仕事、母さんは稼ぐよ』と、息子にもいいきかせました。ウチは母子家庭なので、私が稼がないといけないですから」

 巻運送では1980年から女性を採用し、現在も14人のトラガールが活躍している。

「最近は女性が増え、『今日の夕飯は何作るの?』といった主婦の会話ができて楽しい。納品先などで男女共用のトイレを使う不便さなどはありますが、女性だからと納品先で気遣ってもらい、職場の仲間も言葉は乱暴だけど(笑い)、やさしい人ばかり。環境がいいので他の職場を考えたことはありません。できる限りここで働き続けたいです」

※女性セブン2015年3月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
クロネコ 被災地での自主的な救援物資配送も「業務」と認定
2回目の挑戦でプロテストに合格した美しきホープ・兼岩美奈
18歳美人ゴルファー 7月のプロテスト一発合格で破竹の勢い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP