体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【編集部訪問】戦慄のピエロホラー映画『クラウン』 “ワケあり”宣伝マンが映画の魅力を語る!

top

とある13日の金曜日……いつもおだやかな『ホラー通信』編集部に、不審な訪問者がやってきた。なにやらワケありなその男、その外見は3月21日公開のホラー映画『クラウン』に登場する“悲しき子喰いピエロ”にそっくりなのだった――。

不審な輩! 何者だ!

『ホラー通信』記者:不審な輩! 何者だ!
クラウン:お助けください! 私は映画『クラウン』の宣伝をしている者です。この映画は、子どもの誕生日を祝うために着たピエロ衣装が脱げなくなり、衣装が身体と一体化してピエロの怪物へと変貌していってしまう父親が主人公なのです。そして私も、この映画の宣伝のためにピエロ衣装を着たところ、脱げなくなってしまったのです……。
記者:な、なんだってー!!

この宣伝マン・クラウンは、“5つの媒体をまわって映画の宣伝をする”と人間に戻ることができるのだという。『ホラー通信』はその4媒体目。

せっかくだから、映画『クラウン』の魅力をどんどん教えてもらおうじゃん!

すべての画像と動画が表示されない方はこちら[ホラー通信]

イーライ・ロスの粋な計らいでフェイク予告編が現実化した映画

クラウン:この映画は、映画学校の生徒が勝手にイーライ・ロスの名前を入れて作ったフェイク予告編が元になっているんです。
記者:その動画観ましたよ! 「Master of horror,Eli Roth」って勝手に入れてましたね(笑)。
クラウン:そうなんです! その予告編がyoutubeにアップされた2日後に、イーライ・ロス本人が「これを本当に映画化しよう」と粋な提案をしたという。
記者:2日後は早くないですか? イーライって暇なのかな?
クラウン:……いや、暇ではないと思いますけど。今作ではイーライ・ロスはプロデューサーを務めていて、フェイク予告編を作った生徒さん自身が監督を務めています。
記者:つまりこれデビュー作なんですよね。でもすごくクオリティ高かったですよね? 今後ホラー映画どんどん撮ってほしいなぁ。


[動画:フェイク予告編版の『クラウン』]

コスプレが一般的になった今だからこそ見てほしい

クラウン:いまコスプレってすごく人気ですよね。ハロウィンなんかもコスプレされる方が沢山いますけど、「それがもし身体と一体化してしまったら」と考えると怖さが実感できると思いますね。
記者:コスプレ、ものすごく一般化しましたよねぇ。ハロウィンで「ウェ~イ!」っつって調子のってる大学生のコスプレが全部脱げなくなったら痛快ですね! 
クラウン:大学生、それはそれで盛り上がりそうですけどね……。今作の主人公は、調子に乗ってピエロの格好をしていたわけでもなく、ただ誕生日の息子を喜ばせたくてピエロの格好をした、という設定もすごく切ないんですよね。記者さんは普段コスプレとかされますか?
記者:私はしませんね。今日着けてるジェイソンマスクも普段着ですし。
クラウン:……。

子どもを喜ばせようとして怪物になってしまうという悲劇的な作品

一体化していくシーンがみどころ

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。