ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新しい恋をはじめるために。いい女がしている余白の習慣

DATE:
  • ガジェット通信を≫


いい女にはいつでも余裕があり、受け入れられるゆとりを持っています。ゆとりがあるから、急な誘いを断って、せっかくのチャンスを逃すということがありません。
そんないい女が持っている、「余白の習慣」を紹介します。

時間に余裕がないと、心も余裕がない

たとえば、お店に入ろうとしたとき、「本日ご予約で満席です」と書かれていたら、残念だけどほかを探しにいきますよね。
つまり、あなたの予定がいっぱいだと、せっかく好意を持ってくれた相手から誘いがあってもお断りするしかありません。それが続くと相手は、あなたへの気持ちが冷めて、別の誰かのところへ行ってしまうかもしれません。
スケジュールに余白がないと、彼が欲しいと思っていても縁が遠のいてしまうのです。もし気になる人ができたとしても、関係を深めていくためには会う時間を作ったり、LINEや電話などの丁寧なコミュニケーションが必要になります。
毎日残業ばかりで疲労困憊では、気の利いた一言や心を込めた会話も疎かになってしまいますので、ご注意を。

新しい恋を迎え入れる準備をする

恋をはじめるために、相手のためのスペースを生活のなかに設けましょう
まずは、仕事の効率を上げて、早く帰るための努力をしてみてください。仕事がうまくいって生き生きすると、それがあなたの魅力のひとつとなります。
いま、彼がいなかったとしても、早く帰ることができれば、女子力アップのための時間にあてることも、急なお誘いにもよろこんで対応することができます。
「余白の習慣」を取り入れて、恋も仕事も充実した毎日を送りましょう。
happy woman image via Shutterstock
(スピリアルコーディネーター/MERUMO)


(グリッティ)記事関連リンク
服装や振る舞いじゃない。彼ママが見ている最重要ポイントって?
出会いの季節。愛の形について考えてみる
「下ネタ」のサービストークは裏目に出る! 男性がガッカリする女性

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP