ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

学生らによる「就活ミュージカル」が本番直前 オリジナル脚本で「多様な生き方」を肯定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

学生と若手社会人らが共同で舞台を作り上げる「就活ミュージカル!!」が着々と進行中だ。東京・池袋の東京芸術劇場シアターウエストで3月18日から22日に行われる公演を前に、現在最終段階に入っている。

同プロジェクトはプロデューサーを務める会社員の関峻介さん(26)が「就活の問題点を誰もが楽しめるミュージカルで広く知ってもらいたい」と考えて企画。有志団体「就活戦線異状アリ(SSI)」を立ち上げ、その第1弾プロジェクトとして動いてきた。

約60人が参加し、3チームに分かれてトリプルキャストで演じる。舞台未経験者が半数以上だ。昨年夏から歌やダンス、演技のレッスンを行い、3回のオーディションを経て、12月に配役が決定した。
「リズムが取れてないよ!」と指導が入る

キャリコネニュースは、本番を翌週に控えた3月中旬にリハーサルの様子を取材した。3月に入ってからは東京・錦糸町のスタジオを借りて、連日朝10時から夜10時まで最後の稽古を行っている。

参加者のほとんどが学生、社会人で全員揃うことはなかなかないため、不在の人の役は他チームのキャストが代わりに演じる。この日は、プロのアドバイスを受けながら30人ほどで舞台のワンシーンを繰り返し練習していた。

「三連のリズムが取れてないよ! 自分で意識しないと直らないよ!」

演出家から厳しい声が飛ぶ。序盤、就活生のカップルが二人で歌うシーンだ。未経験者にとって、歌はやはり苦労するポイントのようで、参加者からも「練習ではできていて、みんなの前に立つと全然ダメだったりで難しい」という声が出る。

ただ参加者は、できないことも楽しんでいる様子だ。就活生役を演じる大学3年の男子学生は「こんなに感情を出して表現することは初めてだから新鮮」と語る。社会人の参加者も「音がうまく取れなくて自分の歌はカットされてしまったけど、ミュージカルを自分たちでやるというのはなかなかできない経験」と満足気だ。
彼氏にイライラしたエピソードも脚本に

今回のミュージカルは多様な登場人物の視点から就活を描いた群像劇だ。脚本は入念にリサーチした内容を盛り込んで作り上げた。

何十社受けても受からない現実、せっかく入社しても3年で退職する若者、そして就活うつの問題も脚本に取り入れられている。

参加者自身の体験も、脚本に反映されている。学生カップルが就活によってギクシャクするというエピソードには、参加者の女子大生の経験が加味されている。彼氏が3月に早々と内定を獲得したことで、2人の間に不穏な空気が漂ったという。

「自分が先に内定を取ったから『就活のことは俺に相談しろよ』なんて言うんだけど、全然就活で苦労してないくせに何が分かるのかってイライラした」

その後、自身も4月には内定をもらうことができた。今では仲良く彼氏も一緒に就活ミュージカルに参加しているということだ。
「就活批判ではない。多様な生き方があっていい」

就活に悩む若者の実態を描いた本作。ただ、就活を「批判」するものではないという。社会人1年目で、プロジェクトの中心人物のひとり、水野健太さん(24)はこう説明する。

「就活に意欲的に取り組む学生がいる一方で、不安や疑問を持つ学生もいる。でもどちらが正しいというわけじゃないんです」

水野さん自身は就活に違和感を持ち、最終的に起業したが、前向きに夢を持って就活に臨む人の気持ちも理解できるという。

「このミュージカルもラストでは就職したり、起業したり、フリーターになる人物がいたりと様々です。多様なあり方、生き方があっていい。このミュージカルが就活について考えることのきっかけになれば」

と話していた。

あわせてよみたい:就活ナビサイトのオープンで明暗 「説明会満席でワロタ。早すぎだろ」
 
 
 
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。