ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニベア青缶が「第二次ブーム」 美魔女世代や男性も熱烈支持

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巷で大ブームとなったニベアの青缶が、今年もきている。一昨年、マドンナをはじめ、世界のセレブが愛用する3万円のフランス製超高級クリームと成分が似ていることで騒がれ話題に。その青缶に“第二次ブーム”が到来の様相だ。

 その理由について、流行に詳しいトレンドウォッチャーのくどうみやこさんは、意外な汎用性がSNSを通じて広く知られていったことだと分析する。

「最初のブームでは、高級クリームと成分が同じということで注目を集めました。使い方も、最初は顔に塗るのが主でしたが、ヘアケアに使ったり、ファンデーションに少し混ぜるとBBクリームに、アイシャドウやチークの粉に混ぜるとクリーム系のコスメにと、みなさんが試していって、実は汎用性があることが口コミやSNSで広がっていったのだと思います。中には靴の汚れも落ちました、などと“そんな使い方があるの?”という使い道もあって、ここにきて再注目されたように思います」

“奇跡のアラフィフ”と評される、マイナス20才肌の持ち主の山田佳子さん(49才)もスキンケアで愛用している。

「保湿的には無敵」
「ニベア青缶ぬりぬりしてたら今回も妊娠線できなかった」
「まつげにニベア塗ったら本当に伸びたアアア」

 など、さまざまな美容効果を実感する声がネットで上がっている。最近では、男性も増え、

「ニベア使ってるから肌の調子いいー!俺も青缶デコろっかな。笑」
「洗顔後に使うようにしたらビビる位に肌綺麗になるね」
「髭剃り後に使ってますが、乾燥肌が潤い肌になりました」
「整髪料がわりにニベア青缶」

 といった声が続々と。年齢や性別を問わず、愛用者が増加中の模様だ。

 ニベアクリームの中でも「青缶」に人気が集まるわけは、パッケージにあるとくどうさん。これまではエコ重視で、パッケージも小さく折り畳んで捨てられたり、詰め替えなど簡素化が人気だったが、最近は入れ物の再利用にまた人気が戻ってきている。その背景には、デコブームや手作り人気があるという。

「青缶は平らで面積が大きいので、デコりやすいんです。最近すごく流行っているマスキングテープなどでかわいくデコって写真をアップすると、反響も取りやすい。ニベアさんも、デコパーツ付きの青缶のデコレーションキットを限定販売していたり、そんな風に楽しく再利用できる。缶にはレトロなかわいさもあって、期間限定のパッケージを集めて楽しんだり、パッケージにも雑貨感覚を求めているところもあると思います」

 今、保存瓶を使った「ジャーフード」が海外での流行を受けて日本でも人気沸騰中だが、その影響もあるとくどうさんは言う。再利用や手作りなど、自分なりに工夫して雑貨感覚で使うのが主流だという。

「ジャーサラダや瓶入りティラミスなど、瓶入りの食べ物が今すごく人気を集めていますが、それも再利用できるところが受けています。瓶を使っているから、逆に値段も高かったりしますが、そのパッケージを雑貨感覚で再利用しているんです」

 実際、青缶に綿を詰めてピアス入れにしたり、ソーイングセットにしたり、ブレスレットなどアクセサリーを収納したり、小銭入れにしているという人も。

 消費傾向としては、不況が長引く中で、企業側は新しいものを一から作り出すよりも定番商品に力を注ぐ傾向が強く、消費者側も失敗を避けるために、知らないものよりロングセラー商品を選ぶ傾向が高まっている。

 ユニクロの例など、今は安ければいいではなく、安いけど品質がいいなど、価格と内容のバランスがいいものが受けている。青缶の魅力も同様で、高級クリームに匹敵とまではいかないまでも、安いのに質がいい点や、意外と幅広い使い道があるというコストパフォーマンスの高さが人気となっているようだ。

 ハクキンカイロといった、おばあちゃん世代の定番品が今若い人たちに受けてネットを通じてじわじわと人気が広がっていったように、昔ながらの物の良さが再評価されているトレンドも、追い風になっているという。

「長年、コンビニや薬局、スーパーなどどこにでも置いてある定番商品の安心感があります。ニベアクリームも40年以上の超ロングセラー商品ですよね。若い人たちはあまり使っていなかったけれど、おばあちゃん世代が使っていたのはなんとなく記憶にある。全く知らない物より手に取りやすいですから、改めて若い人たちが使ってみてその良さや、昔だったら考えられない使い方が、ネットの力によって口コミで広がっていった。インターネットの普及が、長寿ブランドの再評価に繋がっていったということも背景にあると思います」(くどうさん)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ニベアクリーム “最強のスキンケア”と評判で売り上げ急増
化粧品メーカー社員が教えるコスパ最高商品とサンプル入手法
かつて靴用と間違えられたニベアの青缶 世代を超えヒット中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP