体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LAMP IN TERREN、HOWL BE QUIETとSHE’Sとのツアーファイナルで総勢11名のセッション!

LAMP IN TERREN、HOWL BE QUIET、SHE’Sの3バンドによるスリーマンツアー「One-Two-Three, For!! TOUR2015」のファイナルがTSUTAYA O-nestにて行われた。

3月12日@TSUTAYA O-nest (okmusic UP's)

東京公演にてトリで登場したLAMP IN TERRENは、「今日の3時間にも満たない時間が、皆の一生に残りますように」と強い想いを告げ、新曲「林檎の理」からライヴをスタート。芯を持った力強い楽曲から「ランデヴー」へと繋げていく。

「みんな楽しんでいますか? 聞かなくても分かるくらい楽しんでくれているのが分かります」と、出演者含め、誰もがツアーファイナルとなる今回のライヴを惜しみつつ、かつこの空間を楽しんでいる中で、続けて新曲「into the dark」へ。これまでのLAMP IN TERRENの楽曲群には見られなかった闇にうごめく様な深みと、一筋の光が輝く楽曲から、本日4曲目となる新曲「ボイド」へ。一転、隣に寄り添って語りかける様な温もりに包まれた会場だが、それを彼らの代表曲「緑閃光」によって壮大で儚さを携えた空気へと更に一変させ、楽曲ごとに様々な彩りと世界観を感じさせるライヴに。

ボーカルの松本大は「最高の1日ではないですか! 今日は来てくれてありがとう! 楽しいなぁ」としみじみとしながらも、「今日に至るまでにたくさん悔やんだ、たくさん悲しんだ。どんなに頑張ったって苦しい時は苦しい。人生はやっぱりつらいよな。だけど、今日みたいな日があるから人生やっていけるんだ。異なる価値観を持つ人間が一つなれる空間を作れるんだ! 苦しいと感じたら、またこの場においで!」と徐々に熱を帯びる言葉に、アーティストと観客で作り上げた空間にいる事に大きな喜びを感じている気持ちを滲ませた。

「最後に皆で拳を突き上げて終わりたい!」と、本編最後の曲「L-R」をメンバーと観客一丸となって拳を突き上げ、熱い想いを共有してライヴを終えた。アンコールでは、松本大が「みんなとライヴをやれたと実感した。安心した」と喜びと安堵を重ね、「portrait」を披露し、大喝采の中LAMP IN TERRENのライヴを締め括った。

再びアンコールの声が止まない中、最後に今回のツアーを一緒に回ったメンバーと特別な事をしたいと、ステージ上にSHE’Sの井上竜馬(Vo)とHOWL BE QUIETの竹縄航太(Vo)、LAMP IN TERRENの松本大が登場。この3名を中心に、各バンドのメンバーがひとりずつ入り乱れたバンド編成を作り、1コーラスごとに演奏を交代していくというスペシャル混合編成で、MONGOL800の名曲「小さな恋のうた」をカバーするという嬉しいサプライズ。演奏を重ねるごとに徐々にメンバーが登場し、最終的には総勢11名が入り乱れたステージとなり、出演者もそれぞれのファンも自由にこの温かで幸福感に包まれた空間を楽しみ、今回のツアーを幕は閉じた。

LAMP IN TERRENは、自主企画ライヴ「LAMP IN TERREN presents〝 VOYAGER’15“」を6月26日(金)大阪・心斎橋JANUS、6月30日(火)東京・渋谷WWWにて開催することを改めて発表。このイベントは2マンイベントとなっており、対バンは後日発表となる。なお、今回の発表に伴い、LAMP IN TERRENオフィシャルサイトでのチケット先行受付がスタート。受付期間は東京・大阪の両イベント共に、3月22日(日)23:59までとなる。気になる方は忘れずにチェックしよう。

「LAMP IN TERREN presents〝VOYAGER’15″」
※2マンライブ 対バンは後日発表
6月26日(金) 心斎橋JANUS
Open/Start 18:30/19:00
6月30日(火) 渋谷WWW 
Open/Start 18:30/19:00

<チケット>
前売:2,500円(税込・ドリンク代別)
■LAMP IN TERREN オフィシャルHP先行受付
http://eplus.jp/lampinterren15/
期間:3/22(日)23:59まで

【ライヴ情報】
「HAPPY JACK 2015」
3月14日(土) 熊本市内ライブサーキット

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。