ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【常識を覆せ!】両足のない「プロスケートボーダー」Italo Romanoがかっこ良すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブラジル人プロスケーターのイタロ・ロマーノは、13歳の時に電車に両足を挟まれ、太ももから先を失ってしまった。しかし、事故の後にスケートに興味を持った彼は、「手を使ってスケートする」ことを決意し、今では数々の大会にも出場するプロスケーターとなった。しかもたった数年で。

2012年には全米トップクラスの大会、「Tampa Pro 2012」の準決勝にまで残った。難しいトリックをこなす姿と同時に、こけて、失敗して、もう一度トライして・・・。およそ10年ほどで世界トップクラスのスケーターと認められた。

そんな彼の背中は、限界や常識に囚われないことの大切さみたいなものを感じさせてくれる。

Reference:YouTube , YouTube

関連記事リンク(外部サイト)

【動画】「それでも前へ突き進む」盲目のスケートボーダー
【超爽快!】「プロスキーヤー」の超絶テクを疑似体験したら、スゴ過ぎた
上空3700mからのスカイダイブ。「発作」で意識不明になった仲間を、救う瞬間!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP