ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バレンタインのお返しに。知っておきたいチョコレートに隠された事実

DATE:
  • ガジェット通信を≫

送る人も送られた人も、ほんのり甘い気持ちにさせてくれるチョコレート。あれから1ヶ月、そう今日はホワイトデーです。

ひと月経った今日だからちょっと、言わせて頂きたいことがあります。知っておきたいチョコレートに隠された苦いお話です。

チョコレートと児童労働

チョコレートの原料となるカカオですが、世界の約43%をたった1国で生産しているのが西アフリカのコートジボワール。

人口約2,032万人の国民のおよそ1/3が、カカオ(もしくはコーヒー)栽培に関わっているという記録があるくらい、国を挙げての一大産業であることは確かなようです。

ところが、その実態はチョコレートの味とは裏腹に甘くはありません。過酷な状況。IITA(国際熱帯農業研究所)の調査によれば、コートジボワールのじつに13万人もの子どもたちが、カカオ農園での労働に従事させられているとか。

6歳〜17歳までの子どもの1/3は、一度も学校に通ったこともなく日々、重労働を課せられている現実のようです。

発育段階の子どもたちには過酷な重労働。さらには農薬散布や刃物の使用は身の危険と隣り合わせ。

さらに、カカオ農園で働く子どもたちのうち、じつに1万2千人が農場経営者と血縁関係になかったことも判明。この事実から、人身売買が懸念されています。

直接的な関係があるかは分かりません。でも、西アフリカ諸国を悩ます、度重なる紛争が極度の貧困をまねいている地域が、今もあることも確かです。

厳しい現状からせめて我が子だけでも・・・、そんな考えが働いても、決して不思議ではない現実があるのかも知れません。

最後にひとつ。チョコをあげたりお返しする代わりに募金を奨める「チョコ募金」というユニークな募金活動をご紹介。

あげる返すの代わりにカカオの生産国・ガーナの子どもたちに学用品購入のための支援金を送ろうという、何とも粋な取り組み。
お返しは寄付にさせてね
こんなホワイトデーがあっても良いのでは?

 

Reference:You Tube

 

関連記事リンク(外部サイト)

「見殺しになんて、できなかった」30人以上の捨て子を育てた、女性の人生に心が温まる
【閲覧注意】LAの警官がホームレスを射殺。目撃者がスマホ撮影した動画が瞬く間に流出
「知らないフリはもうやめよう」。Googleの画像検索が伝える、シリアの現状

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP