ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたとは、ココが違います!クリエイティブな人に共通する「8つの特徴」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリエイティブな人ってちょっとクレイジー?とっつきにくい?そんなイメージが強いけど、実はそんなことないみたい。

ELITE DAILYに掲載された「クリエイティブな人が持っている8つの特徴」をご紹介しよう。

我こそはクリエイティブ!と思う方から、クリエイティブな同僚、友人、恋人が理解できなくて困っている・・・という方まで必見だ。

 

01.
違う目線で
世界を見ている

クリエイティブな人は、世界はより多くの意味を持ち、より複雑な事情を抱えていると考えている。

一般的には不可能だと言われていることだって、自分が納得できない限り、可能性を信じ続ける。ニュースだって鵜呑みにしない。だからたまに「実はきっと黒幕がいて・・・」なんて話題にもなる。

普通の人は、違った見方や価値観を披露すると、目立ちたいのかと言われそれを気にするけど、もちろん彼らはそんなことは気にならない。

02.
すぐに飽きちゃう


刺激がないと、継続してモノゴトを続けることができない。ひとによっては、ADHD(多動性障害)と呼ぶ人もいるが、実はクリエイティブな人にはADHDを持っている人も多い。

03.
時間を忘れて
一つのことに集中する

あまりに集中しすぎると、食べることや寝ることだって忘れる。アイデアを思い浮かんだら、部屋に閉じこもって丸一日出てこないことだってある。そのくらい一つのことに集中するのだ。

04.
1人の方がスキ

彼らは、思考や想像に集中するために、通常の人よりも多くの時間を費やす。だから1人で過ごす時間が必然的に多くなる。もちろん、友人との交流の時間も必要だと感じるが、彼らにとっては同じくらい、アイデアや作品について情熱を傾ける時間が重要なのだ。

ちなみに、彼らがそれだけ時間と情熱を注ぎこんで創造するのは、決して名誉やお金が欲しいからでなはない。

05.
空気を読まない

彼らは、特に空気を読むことをしない。嫌なことにはNOというし、ダメなことにはダメという。周りには同調せずに自分の直感を信じているのだ。

06.
自分の作品を好きになったり、
嫌いになったり

自分が生み出したモノを愛するほど気に入るが、翌日は嫌いになっている。また同時に大っ嫌いだったのに、翌日には大好きになっていたりする。つまり、気まぐれだ。

07.
繊細でいて
感情的

彼らはより多くの情報をピックアップするので、興味が次から次へと湧いて来て、人生がとても楽しい。

一方で、他の人よりもささいなことに気が付くので、ショックをうけたり、悲しんだりすることも多い。彼らの感情は非常に繊細だ。時に、現代社会を生き抜くのがツライこともあるだろう。

08.
夢見るドリーマー

夢見る人というと、ありえない空想をしているように誤解されがちだが、彼らが夢見ているのは、変化だ。より良い世界、より良い現実、より楽しい将来になることを夢見ている。

私たちが想像に及ばないものを想像することができ、しばしば自分自身が可能な限りの「不可能」を回すことができると思うこともある。

多くの人は、こんなもんかと現実を諦めているかもしれない。だが彼らは、今の社会を、日本を、世界だって変えることだってできると信じている。

Licenced material used with permission by :elitedaily

 

関連記事リンク(外部サイト)

離婚率が劇的にダウン?結婚前に聞いておくべき「14のリスト」
【大人の哲学】20代に贈る、誰も教えてくれない「90の真実」
【一人でできるもん!】超・独立系女子と付き合うべき15の理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP