ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イ・ミンホ 中国で8億人が見る番組に登場でギャラは言い値

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国約13億人が空前の韓流ブームに沸いている。ちょうど10年前に日本でも起きた韓流ブームが、中国パワー&マネーで巨大マーケットへと発展、韓国の株価までもが上昇し続けているのだ。

 恋人にしたい顔No.1ともいわれている、イ・ミンホも中国で人気が高まっている一人。 2009年『花より男子~Boys Over Flowers』でブレーク。『シティーハンター in Seoul』『シンイ─信義─』『相続者たち』と主演を務める。歌手としてアジア全土でライブも行う。

 昨年1月、中国で最も人気がある旧正月(春節)の国民的歌番組『春節晩会』にイ・ミンホが、韓国人としては初めて出演し、中国語の歌を披露した。その生中継を見た中国国内の人数は8億人以上ともいわれ、広告収入だけでも約98億円、ギャラは言い値といわれるスケールの大きさだ。

 日本で行われたファンミーティングには、中国、台湾、香港、マレーシアなどからファンが駆けつけるのは当たり前。

 ある大ファンの女性は、「私を愛しているならイ・ミンホそっくりに整形して。できなければ別れる」と自分の彼に言い放ち、慌てた彼は整形外科医に整形を懇願。2人揃って説得され思いとどまったという話もあるほどだ。

※女性セブン2015年3月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
イ・ビョンホンが“日本の父”に「来年結婚」宣言していた
脅迫事件で勝利のイ・ビョンホンに「大統領候補」の敵出現
イ・ビョンホン自宅でBIGBANGのT.O.Pとキムチラーメン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。