ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【キャラビズム】表現の自由と侮辱の間にリミットあるべき?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの87歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
La religion et la politique ensembles ne sont qu’une cause de confusion!
宗教と政治が一緒では混乱の元!

Il devrait y avoir une limite entre la liberté d’expression et les insultes!
表現の自由と侮辱の間にリミットがあるべきではないのでしょうか?

L’esence est chère, c’est ennuyeux, l’essence pas chère, c’est ennuyeux, alors que faire ?
ガソリンが高いと困る、ガソリンが安いと困る、困った、困った!


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【キャラビズム】“後期高齢犬”用のケアセンターが増えている
【キャラビズム】家族の会話の代わりに電化製品が会話する時代に
【キャラビズム】携帯電話はスマートになった、人間は?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP