ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米NPO団体 糞便移植用サンプル便1回分を40ドルで買い取り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍晋三・首相の持病であり難病指定されている「潰瘍性大腸炎」。その治療法として最近注目されているのが、「糞便移植」だ。

 健康な人から糞便を提供してもらい、それを水に溶かした後に大腸内視鏡やチューブ、カプセルを使って患者の腸内に移植する治療法だが、潰瘍性大腸炎以外の病気にも糞便移植を応用しようとする研究や臨床試験が世界各国で進められている。

 2013年9月にオランダのアムステルダム大学のスミッツ教授らの研究チームが発表した「糞便移植療法が持つ可能性」と題する様々な臨床研究をまとめた論文では、いくつかの病気に対する治療の有効性・可能性を論じている。

 現在最も臨床研究が進んでおり、治療効果もはっきりしているのが、腸内の細菌バランスを崩し大腸炎を引き起こす「クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)」だ。

 CDIに糞便移植を用いれば、重度であれ再発であれ90%程度の患者が治癒するとされる。アメリカでは、CDIの治療として最初に用いられるのが糞便移植だ。

 また、下痢や便秘などの症状を引き起こす「過敏性腸症候群」の治療にも、糞便移植は効果的とされる。50人の患者に移植を行なった結果、6割にあたる30人の便秘・下痢が改善した。

 同論文では、肥満男性に対してやせた患者からの糞便を移植した結果、血糖値が下がりやすくなったことから、腸内細菌を移植することで糖尿病を治療できる可能性にも触れている。

 他にも、数週間毎日糞便移植を受けたことで難病である多発性硬化症が治った例が3例あることや、アレルギー、非アルコール性脂肪肝疾患などの治療にも有効だとされている。ただし、腸内細菌をコントロールすることが「何にでも効く」と飛躍するのは明らかに非科学的だ。

 順天堂大学医学部・消化器内科で糞便移植の臨床研究責任者を務める石川大・助教がいう。

「腸内細菌の解析技術が近年飛躍的に進歩したので、世界中で糞便移植が研究されています。特に肥満と、潰瘍性大腸炎のような炎症性腸疾患の分野での研究が進んでいます」

 アメリカでは、“うんこバンク”ともいうべき「便移植財団」も立ち上げられている。便移植財団は、いろいろな人種の糞便を収集し、DNA解析を行なうことで膨大なデータを蓄積しているという。

 また、アメリカの非営利団体「OpenBiome」は、糞便移植のための便サンプルを1回分あたり40ドル(約4800円)で買い取っている。週に5回提供すれば、ボーナスとしてさらに50ドルもらえる。ただし“非常に健康で良質な”便でなければ買い取ってもらえず、提供希望者の4%しか通れない“狭き門”だ。

 糞便移植の研究は日進月歩だ。前出の石川氏は将来の可能性をこう語る。

「腸内環境はまさに十人十色で患者ごとに違います。今後は糞便に含まれる腸内細菌のどれが何の病気に関連するのかという解明もされるでしょう。その結果、患者さん一人ひとりの体質や持病に合わせた、オーダーメイドの『腸内細菌カクテル』を作って移植できる日が来るかもしれません」

 糞便移植による様々な病気の治療の研究は始まったばかりだ。もし潰瘍性大腸炎への効果がはっきりすれば、安倍首相の悩みは1つ減るかもしれない。

※週刊ポスト2015年3月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安倍首相の持病である潰瘍性大腸炎 糞便移植の臨床研究進む
『あさイチ』でも紹介 大便を移植する治療法に注目集まる
糞便移植「うんこを水に溶かして体内に入れる」単純さが強み

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP