ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新幹線開通の金沢 菓子とアイスクリームと回転寿司で日本一

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北陸新幹線開通に合わせてにぎわう北陸三県。中でも、金沢は連日ホテルや旅館の予約が満室、旅行会社も例年の約5倍の混雑を見せているという。そんな名所旧跡も多く、海の幸も豊富な金沢だが、実は知られざる「日本一」がたくさんあるという。

【金沢日本一1】
 金沢の1世帯あたりの菓子類の年間支出金額9万5614円。和菓子やチョコレートの年間消費支出額もNo.1で、『ル ショコラ ドゥ アッシュ』を手がける世界的パティシエの辻口博啓氏は石川出身。

【金沢日本一2】
『銀座久兵衛』の先代に、「日本一の鮨を握る」と言われ、「東の(すきやばし)次郎、西の弥助」とも称される『小松弥助』があるのも金沢。弥助の鮨を食べるためだけに金沢へ行くという人も多く、予約は3か月先まで埋まっているという。

【金沢日本一3】
 豊かな漁場がある金沢では、回転寿司でもびっくりするおいしさ! その回転寿司のベルトコンベアは日本全国に流通しており、90%以上が石川県産といわれている。

【金沢日本一4】
 1世帯あたりのアイスクリーム・シャーベットの年間支出金額9857円。ちなみに2位は9064円で富山市。雪国で寒いイメージだが、「温かいコタツに入って、冷たいアイスを食べるのが好き」が、金沢市民の「あるある」だそう。

※女性セブン2015年3月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
北陸新幹線の開通で話題 村松友視が金沢の魅力を紹介する書
金沢ご当地グルメ「ハントンライス」 とろ~りサクサク食感
小松菜生産量年間約4万トンで日本一の東京23区のある区とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP