ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スピッツが4月スタートのドラマに新曲を書き下ろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スピッツの新曲が、テレビ東京系で4月10日(金)からスタートするドラマ「不便な便利屋」のエンディングテーマに決定した。

スピッツ (okmusic UP's)

3月21日(土)より映画『スピッツ 横浜サンセット2013 –劇場版-』が全国順次公開されるスピッツ。今回ドラマのために書き下ろした新曲のタイトルは「雪風」。 ドラマ「不便な便利屋」は、極寒・北海道の名も無き田舎町で“便利屋”を営む3人の男たちのコメディドラマ。 「雪風」は作詞作曲を担当した草野マサムネが「(自分が雪に縁のない)九州出身なので妄想力をフル稼働させた」と語る通り、雪の街を舞台にしたドラマのために書き下ろした新曲だ。

今回、エンディングテーマ曲を決めるに当たり、「彼ら以外考えられない」と鈴井監督自らスピッツサイドへオファーをしたことから実現。完成した音源を聴いて「心が震えた」(鈴井監督)という。

以下は主演の岡田将生、脚本&監督の鈴井貴之、スピッツの草野マサムネのコメント。

■岡田将生
「何度スピッツさんの曲を聞いて助けられたかわかりません。
いつも暖かく僕の心を包み込んでくれました。
そんなスピッツさんがエンディングテーマになったと聞いた時は、身が引き締まりました。
本当に素敵な曲です。
このドラマも暖かく包み込んでくれてます。
本当にこのドラマには奇跡が起きすぎてます!」

■鈴井貴之
「去年の秋、久々にスピッツのライブをZepp Sapporoで拝見した。
自身のブログにも書かせてもらったがその時「僕はスピッツが一番好きだ」と思った。 メロディも歌詞も、4人が奏でる世界も、マサムネ君の声も、すべてが好きだと感じた。それはもう20年以上も前に感じたものと同じだった。 そして今回ドラマのエンディングテーマにはスピッツ以外考えられなかった。 恐れ多いとは思ったがダメもとで事務所へ自らメールを出した。 事が決まった時には思わず小躍りしてしまった。さらにこの「雪風」を初めて聴いた時、
心が震えた。本当に震えた。
ドラマの最後を飾ってくれる最高の楽曲だと思う。
感謝の一言に尽きる。ドラマに合わせて曲をお願いしたが、今はこの曲にふさわしいドラマを仕上げなければと思っている」

■草野マサムネ
「鈴井さんが手掛けるドラマ、自分たちが絡んでなくても絶対見てましたよ!ホントに光栄です。 登場人物が皆魅力的だから、仲間に入れてもらったみたいな気分で勝手に盛り上がってます。 
雪の街が舞台なんで、九州育ちの男が妄想力フル稼働させて作りました。 

バンド史上初?の記念すべき雪ソングです」

ドラマのために書き下ろしたスピッツ待望の新曲「雪風」がどんな作品に仕上がったか、ドラマの本放送でチェックしよう。

テレビ東京系「ドラマ24 不便な便利屋」
4月10日(金)スタート 毎週金曜 深夜0時12分~
※テレビ大阪:毎週月曜 夜11時58分〜 (4月13日(月)スタート)

主演:岡田将生
脚本&監督:鈴井貴之
ストーリー: 真っ白な雪に閉ざされた北海道の名も無き便利屋には、おせっかいを絵に描いたようなオーナーの松井英夫(鈴木浩介)と、離婚歴が3回の梅本聡一(遠藤憲一)、そして吹雪の日に迷い込んだ若き脚本家の竹山純(岡田将生)がいる。竹山が富良野に行こうとしていた。だが、吹雪の夜にバスが立ち往生し、空腹を満たすために立ち寄った居酒屋で大いなる勘違いに巻き込まれ、酔って財布も携帯も失い…仕方なくこの町に滞在することになる。

映画『スピッツ 横浜サンセット2013 –劇場版-』
上映劇場一覧 

神奈川 横浜ブルク13 3月21日(土)~3月27日(金)
東京新宿バルト9 3月28日(土)~4月03日(金)
大阪梅田ブルク7 3月28日(土)~4月03日(金)
福岡T・ジョイ博多 4月11日(土)~4月17日(金)
愛知名古屋ピカデリー 4月11日(土)~4月17日(金)
北海道 札幌シネマフロンティア 4月11日(土)~4月17日(金)
新潟T・ジョイ新潟万代4月18日(土)~4月24日(金) 
宮城MOVIX仙台 4月18日(土)~4月24日(金)
京都T・ジョイ京都 5月02日(土)~5月08日(金)
鹿児島鹿児島ミッテ10 5月08日(金)~5月10日(日)  
大分T・ジョイパークプレイス大分 5月08日(金)~5月10日(日) 
香川イオン高松東 5月15日(金)~5月17日(日) 
広島広島バルト11 5月16日(土)~5月22日(金)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
SPITZ オフィシャルHP 
バレンタインデー、チョコが0だったモテない男子に贈る5曲

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。