ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芸能界の“鉄ちゃん”が熱弁する「北陸新幹線」の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー「CURIOUSCOPE」。3月13日のオンエアでは、今日から開通する「北陸新幹線」をピックアップ。芸能事務所・ホリプロのスポーツ文化部マネージャーである、南田祐介さんをゲストに迎えました。

芸能界を代表する“鉄ちゃん”の一人である南田さん。そんな南田さんに北陸新幹線の魅力を聞いてみました。

同新幹線の運行区間は東京から金沢(厳密には大宮までは東北新幹線、高崎までは上越新幹線)。実は今まで長野新幹線と呼んでいたものは、北陸新幹線の一部として部分開業していたものだったそうです。これまでは在来線経由だったため、東京から金沢まで4時間弱かかっていたところ、2時間28分に短縮されました。

また、グリーン車よりランクが上の「グランクラス」と呼ばれるシートを1両まるまる18席用意。飛行機のファーストクラスのように、シートがひとつずつ独立しており、倒れ具合は「腰から沈み込む」ように快適なのだとか。そのほか飲み物などのサービスもあるそうです。料金は、グリーン車の料金にプラス8,000円ほどで乗車が可能(東京〜金沢の場合、普通車=1万4,120円、グリーン車=1万8,750円、グランクラス=2万6,970円)。

南田さんが感じる沿線の魅力は、ズバリ富山。「富山県は鉄道王国で楽しい鉄道がいっぱい走ってるんですよ!」と熱弁。まず、富山駅のリニューアル。新幹線の駅として「黒部宇奈月温泉駅」、ここに直結する富山地方鉄道の「新黒部駅」も完成。富山地方鉄道は古い電車がたくさん走っていて見ていて楽しいそうです。新幹線の駅にも関わらず、ローカル鉄道と直結しているのは魅力的ですね。

暖かくなって春を感じる今日この頃。これからのレジャーシーズンで乗車する人も多いのでは? 列車の旅に出かけたくなるようなホットなトピックスでした。

【関連サイト】
「GOLD RUSH」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP