体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お酒と美食を堪能! バーチャルお花見体験ができる「食べるアート展」に行ってきた・前編

お酒と美食を堪能! バーチャルお花見体験ができる「食べるアート展」に行ってきた・前編
 東京・日本橋で、お花見気分を味わえる企画「日本橋 桜フェスティバル」内の展覧会「食べるアート展」が開催中だ。

 かつて”江戸の台所”と呼ばれて親しまれてきた日本橋。それに加え、「江戸桜通り」や「日本橋さくら通り」などの桜の名所もあることから、桜を愛でながら食を堪能する庶民の文化が花開いた街だといわれている。

 同展は、そんな日本橋ならではの「食」と「桜」のコラボレーションを図った体験型アート展。桜や花吹雪をイメージしたプロジェクションマッピングが演出されるなか、日本橋の名店の味を堪能できるという。

 Twitterでは「見て良し食べて良しのおいしいイベントだった」「贅沢すぎる空間でした♪」「夢のようにおいしかった?!」「プロジェクションマッピングってこういう使い方もあるのか」など、絶賛の声が上がっている。

 天候に左右されず、花粉を回避し、一足お先にお花見気分を味わえるとのことで、記者も日本橋へ向かった。

お酒と美食を堪能! バーチャルお花見体験ができる「食べるアート展」に行ってきた・前編 会場の入り口には、老舗暖簾商店「津多屋」の手掛ける巨大暖簾が。日本の伝統色である藍色に染まった暖簾をくぐると…… お酒と美食を堪能! バーチャルお花見体験ができる「食べるアート展」に行ってきた・前編 そこには芸術と食の巨匠・北大路魯山人作の板皿を巨大化した作品が。魯山人の食に対する情熱は、食を彩る食器へも向けられている。板皿を大きく再現することで、彼の細部までこだわり抜いた仕事への姿勢を目の当たりにすることができる。 お酒と美食を堪能! バーチャルお花見体験ができる「食べるアート展」に行ってきた・前編 さらに奥のブースへ進む。桜の花吹雪が舞う会場のど真ん中には、白地の無機質な器が並んでいる。ここは「季節の食卓プロジェクション」という映像ブースだ。 お酒と美食を堪能! バーチャルお花見体験ができる「食べるアート展」に行ってきた・前編 近づいてみると、器にスポットライトが当たった。 お酒と美食を堪能! バーチャルお花見体験ができる「食べるアート展」に行ってきた・前編 柄が浮かび上がり…… お酒と美食を堪能! バーチャルお花見体験ができる「食べるアート展」に行ってきた・前編 そして料理が盛り付けられ…… お酒と美食を堪能! バーチャルお花見体験ができる「食べるアート展」に行ってきた・前編 お盆とお箸が!
1 2 3次のページ
Scoopie Newsの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。