体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自撮り棒より便利!?壁にくっつくスマホ用カメラが話題に

podo

これさえあれば「自撮り棒」は必要ない!と、いまKickstarterで話題の“スマホ提携カメラ”「Podo」。

podo

「Podo」はスマホとBluetoothで連携する小型カメラで、壁にワンタッチで貼り付けることができるのが最大の魅力。

カメラは背面が“磁石になっているタイプ”と“粘着タイプ”の2種類があり、後者は木材やコンクリート、プラスティックなどさまざまな素材に対応し、どちらも繰り返し使える。

スマホに専用アプリをダウンロードしたら、そのアプリを使ってカメラアングルを調整し、撮影ボタンを押すだけ。

podo

撮影された写真はすぐにスマホに転送されるので、編集をしたらそのままInstagramやFacebookといったSNSに投稿したり、アルバムを制作してシェアすることも。

podo

「Podo」は800万画素で、容量は4GB。1回の充電で最大2時間作動できる。

また写真のほかにビデオ撮影も可能だそう。

「Podo」はクラウドファンディングサイトのKickstarterにて出資者を募集中だが、すでに目標額を達成しており、現在は89ドル(日本円で約1万800円)出資すると、同商品がプレセール価格で1台贈呈されるといった特典もあるので、これはお得なチャンスかも!?

いち早く注目の“自撮りガジェット”をゲットしたい方は、さっそく下記サイトをチェック!

Kickstarter(Podo)
https://www.kickstarter.com/projects/podolabs/podo-the-first-stick-and-shoot-camera/

Kickstarter(まとめ)

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会