体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポートランドに学ぶ[3] 賃貸住宅は新興住宅地から築100年まで多彩

ポートランドに学ぶ[3] 賃貸住宅は新興住宅地から築100年まで多彩(写真撮影:住宅ジャーナリスト/山本久美子)

ポートランドに学ぶ 住んでみたい街といわれる理由
アメリカで「最も住んでみたい都市」に選ばれるオレゴン州の都市ポートランド。全米から移住者が集まるポートランドの魅力をひもとき、住みたくなる街選びのポイントについて考えていこうという全3回シリーズです。収益性重視のアメリカと日本の賃貸住宅の違い

まず、日本とアメリカの賃貸住宅事情の違いについて、押さえておこう。

日本では、相続対策などで自分の土地に賃貸住宅を建てて大家業を始めるといった、個人のオーナーも数多くいる。しかし、アメリカでは、賃貸住宅は投資商品の一つととらえられているので、高い利回りを上げて高く売って、より利回りの高い次の物件を買うといったオーナーがほとんど。

そのため賃貸経営の収益性が重視される。物件を担当する賃貸管理会社の「プロパティマネージャー」が、年初に予算を作成し、オーナーに提案。以降も毎月オーナーに収支報告をする。「オンサイトマネージャー」(日本でいう管理員)の給与や入居者募集の広告費、建物の修繕費、入居者向けのコミュテニィ活動費などのすべてをオーナーが負担するので、プロパティマネージャーの役割は重要だ。

ちなみに、アメリカでは一部の大都市を除き、入居者募集だけをする仲介会社は存在しない。
オンサイトマネージャーが、入居希望者への物件案内や賃貸借契約の締結、家賃の受け取り、建物や設備の保守点検、入居者対応など広範囲な業務を受け持つ。そのため、賃貸住宅の一室に住み込み、常駐していることが多い。

何度も引越しをするのがアメリカの国民性なので、入居者の入居期間は日本よりも短い(平均約1年7カ月)。そのため家賃の滞納には厳しく、入居審査では信用調査会社の調査も入る。家賃の滞納をすると滞納履歴が残るため、たとえ他の都市に移っても賃貸住宅が借りづらいという構図になっている。ポートランドで急増している、新興住宅地の大規模賃貸住宅

ポートランド中心地からほど近い、Happy Valley(ハッピーバレー)やBeaverton(ビバートン)などに、新興の住宅地が誕生している。そのひとつ、Sunridge Terrace(サンリッジテラス)を紹介しよう。

【画像1】ハッピーバレーにあるサンリッジテラス。すぐ近くにショッピングセンターもある。(撮影:住宅ジャーナリスト/山本久美子)

【画像1】ハッピーバレーにあるサンリッジテラス。すぐ近くにショッピングセンターもある。(撮影:住宅ジャーナリスト/山本久美子)

広い敷地に全216戸の低層アパートメントが立ち並び、間取りは5タイプ。

・1ベッドルーム 1バスルーム(シングル・カップル向け) 約62m2 1050ドル(約12万5000円)
・2ベッドルーム 1バスルーム約80m2 1135ドル(約13万5000円)
・2ベッドルーム 2バスルーム 約82m2/約97m2 1265ドル(約15万円)/1360ドル(約16万2000円)
・3ベッドルーム 2バスルーム 約107m2 1495ドル(約17万8000円)
※日本円は、1ドル=119円で換算

最も戸数が多いのは、約97m2のDOUGLASで92戸を占める。

家賃には駐車場を含んでいるが、このほかに水道光熱費やゴミ回収費が別途かかってくる。ペットを飼う場合は、ペット用の保証金や家賃上乗せが必要。初期費用は、敷金が最低300ドル。入居申し込みの際に40ドルがかかるが、これは信用会社の調査費用に充てられる。

【画像2】2階の2ベッドルーム+2バスルーム(DOUGLAS)を見学(撮影:住宅ジャーナリスト/山本久美子)

【画像2】2階の2ベッドルーム+2バスルーム(DOUGLAS)を見学(撮影:住宅ジャーナリスト/山本久美子)

【画像3】DOUGLAS約97㎡の間取り(撮影:住宅ジャーナリスト/山本久美子)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会