ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

船に乗って水辺を楽しめる、江東区の「リバーフェスタ」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

水しぶきを上げて入水するダイナミックさが人気の、水陸両用バス「スカイダック」。その入水地点となっているのが東京都江東区にある「旧中川・川の駅」だ。

江東区が2013年3月に開設した旧中川・川の駅は、新たな水辺のにぎわい拠点として整備され、今年で開設2周年。それを記念したイベント「リバーフェスタ江東 旧中川・川の駅2周年」が3月14日(土)・15日(日)に行われる。

今年で3回目を迎える同イベント。そこで今回は、イベントの実行委員会であるNPO法人江東区の水辺に親しむ会の理事長須永淑子さんにお話を伺った。

まずは昨年行われた第1回目では、どんな催しが人気だったのだろうか。「一番人気は、やはり乗船体験です。リバーフェスタでは、水陸両用バスに大人1000円で乗れます。ほかにも雰囲気のある手漕ぎの和船や、転覆せず沈まない設計の小型ヨット・アクセスディンギーや、カヌーに乗ることができるんです」

水陸両用バスは、2900円で東京スカイツリー近辺を走行するツアーがある。普段より時間は短めということだが、お得に楽しめるとあって人気のようだ。ちなみに、お子さんに特に人気なのは小型ヨットとのこと。「今年もメインテーマは『川で船に乗る体験をしよう』です。“船に乗るってこんなに楽しいんだ!水辺から見る景色ってこんなに新鮮なんだ!”と感じていただけたらうれしいですね」

そのほかにも、会場では江東区グルメが楽しめる川のマーケットが開かれる。

江東区グルメといえば、森下の人気パン店・カトレアの「カレーパン」や、亀戸の老舗「佐野みそ」。完売必至の大島メイカセブン「薄皮あんぱん」は開くと驚くほどあんこが詰まっている。そんな江東区グルメをゲットして、水辺のオープンカフェでくつろぐのもおすすめの過ごし方だ。

最後に、このイベントを通じての思いを、須永さんに語っていただいた。「江東区は、川や運河が縦横無尽に巡る水の街。そのような環境でも、水辺で遊んだり、船で移動をしたことがない方がほとんどです。『旧中川・川の駅』は、災害時に避難や物資の運搬などで利用できる防災拠点でもあります。水辺が、普段の生活で利用できる場所なんだとイベントで知っていただけたらと思います」

かつて“水の都”と称された江戸の名残を残す江東区は、川の氾濫や水質汚染という難題を乗り越えてきた。そして、これからはこういったイベントが、「水辺を楽しむ豊かな街をつくりあげる」という目標の第一歩になるのではないだろうか。
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/03/13/79800/

【住まいに関する関連記事】ママのアイデアを形に!江東区の「こどもまつり」を取材
金沢発! 町家の最期を見送る「おくりいえ」プロジェクトとは?
SL5号蒸気機関車もお披露目! 西武鉄道100周年イベント開催
大東建託、「たまひよ」イベントにて子育て家族向け賃貸を提案
聖なるクリスマス、教会で本格的な「ミサ」に参加するには?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP