体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

落ちこぼれこそ、起業家タイプだった!キャメロン・ヘロルドが語る「子供を起業家に育てよう」

150313_ted-kids-entrepreneurs2

起業家であるキャメロン・ヘロルド氏が、TEDで語った「子供を起業家に育てよう」というスピーチをご紹介したい。

子供の頃、頭が悪かったと話すヘロルド氏は親に起業家になるように育てられた。そして彼が今訴えたいのは、「起業家の資質を持った子供を起業家へ育てることや、起業家は素晴しいと教えることが大切」ということだ。

起業家とは何なのか、どう素晴らしいのか、なるには何が必要なのか。彼からのメッセージはこれだ。ざっくり言うと、

・誰も起業家は素晴らしいと言わないので、子供のときに「起業家」を目指す人は少ない。だからもっと起業家について語ろう。

・学校では起業する方法は学ぶことはできない。学ぶ方法は実際にやってみること。実際に登壇者は、7歳の時に事業を起こしてから学んだ。

・誰だって起業家になれることを知ろう。そう、あなただって。

子供を持つ親はもちろんだが、起業家である人、そして起業家を目指す人にとっても、ハッとさせられる内容だ。ここからは、彼のスピーチを紹介する。

起業家になるチャンスを
奪ってはいけない

子供は成長していく中で夢を持っているものです。情熱とビジョンを持っています。しかしそれがどこかで潰されてしまうのです 。

学校が子供に勧めるのは、医者や弁護士、会計士、歯医者、教師、パイロットになることです。そしてメディアは、モデルや歌手やスポーツ選手になるのがカッコイイと言っています。誰も 「起業家は素晴らしい」とは言わないので、子供たちはその夢を持つこともないのです。

Back to School

起業家というのは、アイデアと情熱を持ち、世の中の必要に目を向け、リスクを負いながらもそれを解決しようとする人です。子供たちが早い時期から起業家はすごいと教えられていたら、今日世界で問題になっているあらゆることが違っていただろうと思います。

私たちには親として社会として、義務があります。ちょうど科学の才能がある子供を科学の道へと導くように、起業家の資質を示す子供には起業家になる方法を教えるべきです。

MBAでは、
起業する方法は学べない

ちなみに、MBAプログラムは起業家になる方法は教えていません。私がMBAを取ろうとしなかったのは・・・高校での平均点が61 ではカナダで入れる大学はカールトンくらいしかなかった というのを別にすればですが・・・MBAプログラムでは 起業家になる方法を学べないからです。MBAで教わるのは 会社の中で働く方法だけです。

学校で落ちこぼれの子こそ
起業家タイプ

私の家族は、祖父も父も兄弟3人もみな起業家です。私たちが起業した理由は、強情さやそのほかの性質のために、他人の下で働くということが出来なかったからです。

私は「起業家機構」と「YPO」(若手経営者ネットワーク)という2つの世界的な組織に属していますが、そのメンバーの多くは、学校の勉強では苦しんでいた人たちです。私は注意力欠如障害の症状19個のうち18個があると診断されましたし、スティーブ・ジョブスやテッ ド・ターナーも同様です。

Kid Daniel.
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。