ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金沢の海鮮グルメ 近江町市場のちらし寿司・のどぐろ塩焼き

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北陸新幹線の開業で、東京~金沢間が2時間半で結ばれるようになった。金沢のある石川県は海岸線が長く、新鮮な魚介の宝庫として知られる。「金沢の台所」といわれる近江町市場で、日本海の旬を味わえる海鮮グルメの逸品を2つ紹介しよう。

 まずは井ノ弥の「上ちらし近江町〈特盛り〉」(2900円)。同店は、近江町市場に平成元年に創業した行列店。店主は金沢の有名寿司店で修業し、仕入れる魚介の目利きは確かだ。甘えびや鰤、ズワイ蟹など地物を中心とした20種類以上の旬のネタが豪華に盛られ、ボリューム満点。地元産の醤油をベースにした店主特製のだし割醤油をかけて食べれば、頬張るたびに口の中でバラエティーに富んだ味が広がる。

 続いて紹介するのは、近江町食堂の「刺身定食」(1280円)と「のどぐろ塩焼き」(時価)。同店は、市場で働く人向けの食堂として昭和5年に創業。アットホームな雰囲気で、海鮮丼や定食のほか、郷土料理や酒肴も揃う。人気の高いのどぐろの塩焼きは、ふんわり、柔らかな身を箸でほぐすと、白身とは思えないほど脂がたっぷり。上品な旨みが味わえる。鰤や甘えびなどの地物が並ぶ刺し身定食も一度は味わいたい逸品。昼も地酒を提供。

◆井ノ弥
【住所】金沢市上近江町33-1 近江町市場内【営業時間】平日:11~21時(L.O.)/土:10~20時(L.O.)/日祝:10~15時半(L.O.)【定休日】火

◆近江町食堂
【住所】金沢市青草町1 近江町市場内【営業時間】10時半~14時半(L.O.)、17~21時半(L.O.)【定休日】無(年始を除く)

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2015年3月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金沢の台所・近江町市場 2万平米の敷地に180店が軒を連ねる
金沢ご当地グルメ「ハントンライス」 とろ~りサクサク食感
北陸新幹線の開通で話題 村松友視が金沢の魅力を紹介する書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP