ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

花粉症にかける費用 「1シーズンに2万円以上」の重症例も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 少しずつ春らしい陽気になり、休日の外出予定を立てている人も多いだろうが、関東を中心に今がピークの花粉症患者にとっては、そんな気分にさえなれないはず。

 東京都福祉保健局が情報発信する「とうきょう花粉ネット」の予報マップ(3月11日)を見ると、1立方メートルあたりの花粉個数が「極めて多い」を示す赤色で塗りつぶされ、東京全域をすっぽりと覆っている。

〈予報を見るだけで鼻がムズムズする〉〈ヤバイ、死ぬ!〉といった悲鳴がネット上に溢れた。

 東京都内を流す個人タクシーの運転手はこんな話をする。

「朝から勤務して夕方にもなると、タクシーの窓にはびっしりと花粉がこびりつきます。濡れたタオルで拭き取ると見事なまでの“真っ黄色”。顧客の中には重い症状の人もいて、先日は会社を休んで寝込んでしまったそうです」

 だが、いくら出掛けずに家にこもっていても花粉症が完治するわけではないし、内服薬や目薬・点鼻薬、マスク、ティッシュ……と対策商品の出費は否応なくかさんでくる。

 一体、花粉症患者は予防や治療にどのくらいお金をかけているのか。千葉県在住で「花粉症歴30年」という40代男性(自営業)が話す。

「私の場合、スギやヒノキだけでなくイネ科の植物でもアレルギー反応を起こすので、花粉症は梅雨明けまで続きます。

 近所の耳鼻科に行けば受診料とクスリ・目薬・点鼻などの処方代で1か月4000円ほど。それらを市販薬で代用しても2500円程度はかかります。その他、マスクやのどあめなど例年買っている物を合計すれば、1シーズンに2万円以上は花粉症対策に使っていると思います」

 2013年の「家計調査」(総務省統計局)によれば、市販の鼻炎薬を含む「他の医薬品」の月別支出額(2人以上世帯)は花粉の飛散が始まる2月がもっとも高く1594円となっている。

 また、2月、3月は他の月と比べてティッシュペーパー(239円)、マスク(保健用消耗品・734円)、目薬(他の外用薬・337円)などの支出額も総じて高い傾向にある。この時期、鼻炎薬を含めたこれら花粉症関連の4品目が売れているというわけだ。

 もちろん花粉症対策だけの支出とは限らないが、「患者数の増加に起因して医薬品などの消費量も増えている」と分析するのは、ニッセイ基礎研究所の井上智紀氏(生活研究部の准主任研究員)である。

「近年、医薬品をはじめ機能性を高めた対策グッズも多数販売されていますが、だからといって支出単価が上がったと見るのは早計です。

『毎年のことなので、できるだけ安く対策したい』という人は依然多いですし、花粉の量は年によって変動するため、一貫して増加しているわけではありません。むしろ一人あたりの消費量はほぼ一定であると考えたほうがいいでしょう。

 にもかかわらず、人口減少が叫ばれる中にあって鼻炎薬を含む花粉症関連の4品目の支出額が2010年に比べて増加しています。これは患者数が増えていることの表れなのでしょう」

 現在、花粉症患者は国民の4人に1人といわれている。「今年から症状が出始める人も多い」(都内の耳鼻科クリニック)との報告もあることから、有病率は着実に増え続けている可能性がある。

 医療機関や医薬品メーカーにとっては引き続き「有望」といえる花粉症関連市場。しかし、家計にも響くほどの出費を強いられる重症患者にとっては、たまったものではない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
花粉症歴15年主婦 甜茶の蒸気を眼や鼻に当てて症状を緩和
花粉症はかつて「マッカーサーの置き土産」と呼ばれていた
今年の花粉飛散、去年の10倍以上の予測も 日本一はいわき市

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP