ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金沢に中谷美紀、梨花、満島ひかり、松田美由紀、野際陽子愛着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月14日の北陸新幹線開通に合わせて、ホテル・旅館は連日満室と大変なにぎわいを見せている金沢。そんな金沢に魅了された芸能人も多いという。

 3月2日、北陸新幹線開通に向けて、着々と準備が進む石川・金沢駅に、満島ひかり(29才)が降り立った。隣に寄り添っていたのは、2010年に結婚した、映画『舟を編む』『バンクーバーの朝日』などを手がけた石井裕也監督(31才)。

「満島さんは赤、ご主人はグレー系のマフラーをぐるぐる巻きにした完全防寒スタイルでした。満島さんはセリーヌのバッグを持っていたけれど、ふたりとも大きな旅行バッグとかは持っていなくて、ぶらりとやって来たって感じでしたよ」(目撃した人)

 ある芸能関係者がこう話す。

「満島さんは3月1日まで、大阪で舞台に出演していました。多忙な夫婦ですが、時間を見つけてはいろんな場所に出かけるのが好きで、今回は大阪から近いし、話題だし、ということで昔から大好きな金沢を選んだそうですよ」

 満島に限らず、金沢に魅せられた芸能人は多い。現在ドラマ『ゴーストライター』(フジテレビ系)に出演中の中谷美紀(39才)は、かつて映画の撮影で1か月滞在してから大好きな街になったという。ある雑誌のインタビューでは金沢の魅力をこう語っていた。

《金沢って、植栽が美しいですよね。生けてあるお花も、投げ入れが当たり前のようになっているし。予約したお店のお庭の花にも水打ちがしてあって、お客様をあたたかくお迎えしようとする心配りが素晴らしいなって。金沢からは学ぶべきことがたくさんあります》

 紅殻格子の情緒ある街並みが気に入り、「いずれ、ここに住めたらいいな」とまで思うほどになったという。

 また梨花(41才)は、自身がプロデュースを務めるライフスタイルショップ『MAISON DE REEFUR』に置く和食器を求めて石川まで、九谷焼を買い付けに行くことを明かしている。愛息(3才)と初めて飛行機に乗って遠出した場所も石川県だった。

 さらに、松田美由紀(53才)は、長姉が、金沢の名士に嫁いだこともあり、金沢をたびたび訪れている。

「兼六園など観光地が多い金沢ですが、美由紀さんのお姉さんは住んでいるからこそわかる魅力的な散策路を美由紀さんに教えてくれるそうです。例えば金沢城の石川門下から大手堀方向へ続く『白鳥路』。白鳥のほか、金沢ゆかりの作家、徳田秋声の像など、さまざまな彫刻が並んでいるそうです。

 それから、泉鏡花の『義血侠血』のヒロイン、滝の白糸の像が立つ『梅ノ橋』、金沢市内が一望できる『卯辰山』とかの歩き方もお姉さん仕込みだと聞きました」(映画関係者)

 金沢の老舗旅館『かぐらや』を舞台に、日本が世界に誇る“おもてなしの心”を描いてきた人気シリーズの第4弾『花嫁のれん』(東海テレビ系)。出演中の野際陽子(79才)の母は、金沢にほど近い津幡の出身で、小学生の頃、学童疎開をしていたこともあり、金沢とはなじみが深いという。

※女性セブン2015年3月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金沢ご当地グルメ「ハントンライス」 とろ~りサクサク食感
北陸新幹線の開通で話題 村松友視が金沢の魅力を紹介する書
北陸新幹線や『まれ』で大注目の金沢 近隣都市はライバル心

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP