ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アカデミー賞の裏側! 「情熱大陸」に元ピクサーのアニメ監督 堤大介

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『ダム・キーパー』 Facebookより
人気ドキュメンタリー番組「情熱大陸」にて、アメリカ在住の日本人アニメーション監督・[[堤大介]]さんの姿を追ったドキュメントが、3月15日(日)23時よりTBS系列局で放送される。

堤大介さんは、アメリカのアニメ制作スタジオ・[[ピクサー]]からヘッドハンティングされた経歴を持つクリエイター。アートディレクターとして、『トイ・ストーリー3』や『モンスターズ・ユニバーシティ』などのヒット作に関わってきた。

同番組では、監督作である短編アニメ『ダム・キーパー』がノミネートされた「第87回アカデミー賞」前後の堤さんに密着。作品の映像世界の美しさから「光と色のアーティスト」と称される、その素顔に迫るという。

世界を股にかけ活躍する、光と色のアーティスト

堤さんは、18歳でアメリカへ留学。現地の美術大学で学んだのち、ゲームや映画の世界を経て、ピクサーに入社。アートディレクターとして数々の作品に関わってきた人物だ。

スタジオジブリ[[宮崎駿]]さんや、漫画家の[[松本大洋]]さんなども参加した、世界を代表するクリエイターが一冊のスケッチブックに絵を描いて世界中に回すプロジェクト「スケッチ・トラベル」の仕掛け人でもある。

そんな堤さんは、2014年にピクサーから独立し、仲間とともにアニメーションスタジオ「TONKO HOUSE」を設立した。

同年に発表した、ピクサー時代に同じく美術監督だったロバート・コンドウさんとの共同監督による短編アニメ『ダム・キーパー』が世界中の映画賞を総なめし、大きな注目を浴びた。

そして2015年1月。『ダム・キーパー』が「第87回アカデミー賞」短篇アニメーション部門にノミネート。惜しくもオスカー賞は逃がしたものの、世界に足跡を残した。

「情熱大陸」では、そんなアカデミー賞の舞台裏に密着。世界の大舞台で何を感じ、何を得たのか、その素顔が描かれる。

引用元

アカデミー賞の裏側! 「情熱大陸」に元ピクサーのアニメ監督 堤大介

関連記事

日米のアニメ制作の違いとは? 『ベイマックス』コンセプトデザイン コヤマシゲトインタビュー
「アニメ制作の核心に迫れた」 アニメ(ーター)見本市監督陣が振り返り
日本の3DCGが目指す先とは? 荒牧 神山監督が語る新『アップルシード』

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP