ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

巨大アナログ・シンセ、丸の内に出没!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
巨大アナログ・シンセ、丸の内に出没!

昨年11月、渋谷パルコ前に現れた、あの巨大機材が、今度は丸の内エリアに出現!

その機材とは、人の背丈をよりも少々大きな巨大なアナログ・シンセ。実際にノブなどを触ってアナログ・シンセとして音が出せる。この巨大アナログ・シンセはRed Bul Music Academy Tokyoの期間中に渋谷パルコ前に現れたもので、Perfume のインタラクティブ演出などを手がける真鍋⼤度と彼が率いるRhizomatiksがRed Bull Music Academyと共同開発した「The Human Sized Synthesizer」だ。

昨年は2日間のみの展示だったが今回アートフェア東京2015特別企画『AMIT2015』にて4⽇間にわたり出品。初⽇の19日は19時から、本作を使ったアーティストによるフリースタイル・ライヴ・セッションも行われる予定。
(河村)

・詳しい情報はRed Bull Music Academy公式ページへ
http://www.redbullmusicacademy.jp

Red Bull Music Academy × Rhizomatiks 『The Human Sized Synthesizer』
会期:2015年3⽉19日(⽊)〜3月22日(日)
会場:丸ビルマルキューブ
入場料:無料
イベント“Red Bull Music Academy × Rhizomatiks presents SESSION with Human Sized Synthesizer”
日時3/19(木)19:00-‐‑19:30
出演アーティスト:Yoshiteru Himuro / Setsuya Kurotaki(Rhizomatiks)

『AMIT2015』アートフェア東京 2015 特別企画
2015年3⽉19⽇(木)〜3⽉22⽇(日)
会場:丸ビルマルキューブ / OAZO / 三菱菱⼀号館美術館 / TOKIA(P.C.M) / 東京国際フォーラム
http://amit.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。