体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シーナ&ロケッツ、シーナの追悼ライヴを下北沢にて開催

エンタメ

今年2015年2月14日にこの世を去ったQueen of Rock’n Roll HEART、シーナ&ロケッツのシーナを偲び、シーナの4と7にちなんだ4月7日(火)に鮎川誠の呼びかけで“『シーナの日』#1 ~シーナに捧げるロックンロールの夜~"と銘打った追悼ライヴを開催することが決定した。

シーナ (okmusic UP's)

会場はシーナが暮らし、愛した下北沢の下北沢ガーデン。出演メンバーはシーナ&ロケッツを中心に、80年代のロックの時代の到来をともに切り開いたRCサクセションの仲井戸’CHABO’麗市、 「ユーメイドリーム」、「スイートインスピレーション」をはじめ多くの詩を提供しているサンハウスの盟友でもある、柴山’菊’俊之、ウエストロード・ブルースバンドから今日まで日本のブルースシーンを牽引している永井’ホトケ’隆、ニューウェーブ、めんたいロック時代をともに築いたルースターズの花田裕之、ブランキージェットシティ時代からシーナの歌を歌っているベンジーこと浅井健一、シーナと小学校のPTA仲間でもあった”下北のジャニス”スモーキーメディスンの金子マリをはじめ、シーナにゆかりのメンバーが顔をそろえている。

チケットは3月14日(土)0:00より、シーナ&ロケッツオフィシャルチケットセンターにて販売開始されるので、是非情報をチェックしてほしい。

以下、発案者である鮎川誠からのコメントが届いている。

【鮎川誠 コメント】
「あらためましてシーナの葬儀には皆様方にはたいへんお世話になり本当に本当にありがとうございました。1971年に出会って、サンハウス時代を共に暮らし、1978年にシーナ&ロケッツとしてデビューして以来、YMO、内田裕也、ラモーンズ、ウィルコジョンソンをはじめ、たくさんのミュージシャンに愛され、ロックの魂の交流を深めてきたシーナに捧げ、ファンの皆さんと共にシーナを偲ぶロックンロールパーティができたら、どんなに素晴らしいだろうと思っていました。

開催を決意したのが3週間前という短い期間の中で、スケジュールを調整して快く出演を引き受けてくれた歴史的なロックの仲間たちとシーナ&ロケッツのレパートリーやシーナが愛したパンク・ロック・ブルースを共にプレイする最高の「ロックンロールの夜」にしたいと願っています。時間の都合でお声がけができなかったメンバーもたくさんいますがどうぞお許しください。これを読んで当日時間の都合がつけば、マイクとアンプとギターはたっぷり用意していますので、ぜひとも一緒にプレイして会場を盛り上げていただければと願っています。ファンの皆様も是非、4月7日は下北沢ガーデンにお集まりください。一緒にシーナの歌を歌って楽しいロックンロールの夜になったら最高です」

「鮎川誠 Presents 『シーナの日』#1 ~シーナに捧げるロックンロールの夜~」
4月07日(火) 下北沢GARDEN
OPEN:19:00 START:19:30
Adv 4,700円(入場時、別途ドリンク代500円)
<出演>
シーナ&ロケッツ(川嶋一秀、奈良敏博、鮎川誠)
浅井健一(BLANKEY JET CITY)
岩口タカ(赤と黒)
金子マリ(スモーキーメディスン)
柴山俊之(SONHOUSE)
永井”ホトケ”隆(West Road Blues Band)
仲井戸”CHABO”麗市(RCサクセション)
花田裕之(THE ROOSTERS)
中山努(ピチカートファイブ)
….And more!
※バンド名はシーナが出会った時代の表記です。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会