ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジェイ・Zがストリーミング配信会社を約68億円で買収

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジェイ・Zがスウェーデンのストリーミング配信会社“Aspiro”に付けた入札額、5,620万ドル(約68億円)が受託された。同国のニュースメディア“E24”の報道により明らかになった。彼が所有するレコード・レーベル、ロック・ネイションの代理人から、コメント要請に対する返答は得られなかった。

 これまで少数株主たちの争点となってきた今回の入札だったが、少数株主の代表であるSune Karlssonが3月11日、受託することを推奨した。主要株主であるメディアグループ“Schibsted ASA”は、当初からこれを強く支持していた。

 受託に先がけてオファー内容を審査する入札第三者委員会の代表 Fredrik Bjorlandは、E24に宛てたメールにて「委員会として少数株主の方々に対しできる限り透明であるよう努め、少数株主が入札にあたり最良の査定ができるようにしてきました」と綴っている。

 ロック・ネイションに所属するスターたちの膨大なアーティスト名簿をみれば理にかなった予想ではあったものの、ショーン・カーター(ジェイ・Z)とロック・ネイションによる今回の買収計画はほとんど兆候が見られなかった。さらには、Aspiroのストリーミング・サービス“WiMP”はすでに記事スペースを広く確保しており、カーターのLife + Timesブログともぴったり合致するのだ。

関連記事リンク(外部サイト)

ショパン・コンクールの覇者アヴデーエワ「それぞれが違うように演奏しても良い、それが音楽の素晴らしいところ」
ノエル・ギャラガー、最新UKライヴレポ到着&4月来日にリハ見学企画も
マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 遂に10週目の米ビルボード・シングル・チャート首位に、ファレル「ハッピー」の記録と並ぶ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP