ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マライア・キャリーがエピックと契約、既に新曲レコーディングの噂も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マライア・キャリーがエピックと契約、既に新曲レコーディングの噂も

 マライア・キャリーが新しい作品においてエピック・レコードと契約したことが明らかになった。同ソニー・レーベルの代表が認めている。

 1月30日に米ビルボードが初めて報道したように、同シンガーは複数のアルバム契約でアントニオ“L.A.”リードと再びタッグを組み、間もなく始まるラスベガス常駐公演の内容に伴いグレイテスト・ヒッツ作品を初めにリリースするという。

 5月6日にスタートする【#1’s】と題されたラスベガス常駐公演では、1990年の「ヴィジョン・オブ・ラヴ」から2008年の「タッチ・マイ・ボディ」までの米ビルボード・シングル・チャート“Hot 100”でNo.1となった全18曲が披露される。エピックからリリースされる次のアルバムでも、彼女のヒット曲の最新バージョンや、もしかするとデュエット・バージョンがフィーチャーされるという。

 キャリーは色々騒がれた時期である15年前にソニーを去ったが、今再び同レーベルに復帰する理由は多々ある。まず、ソニー・ミュージックの現在の会長兼CEOであるダグ・モリスは、ユニバーサル・ミュージック・グループを動かしていた2003年にキャリーを同傘下のアイランド・デフ・ジャムに連れてきた人物だ。また、当時アイランド・デフ・ジャムのトップだったのはリードで、2005年の彼女の復帰アルバム『MIMI(The Emancipation Of MIMI)』を監修している。最後に、6度のプラチナムに輝く大ヒットとなった『MIMI』でキャリーのコラボレーターだったジョーイ・アルベイジーは、現在エピックでA&Rの重役を務めているのだ。

 なお、ある情報筋の話によると、キャリーは既にロサンゼルスで新曲をレコーディングしているとのことだ。エピックからの最初の作品がいつ頃リリースされるのかはまだ明らかになっていない。

関連記事リンク(外部サイト)

ショパン・コンクールの覇者アヴデーエワ「それぞれが違うように演奏しても良い、それが音楽の素晴らしいところ」
ノエル・ギャラガー、最新UKライヴレポ到着&4月来日にリハ見学企画も
マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 遂に10週目の米ビルボード・シングル・チャート首位に、ファレル「ハッピー」の記録と並ぶ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。