体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビョークの『Greatest Hits』を通じ、彼女の唯一無比な世界を俯瞰する

 シュガーキューブス(The Sugarcubes)の『Life’s Too Good』(’88)で出会ったのが最初だから、もう彼女を知ってかれこれ27年ということになる。改めて思い返すに、アルバムはCDでリリースされたのだが、その頃出てきたオルタナ系新人バンドの中では飛び抜けて面白かった。収録曲の「Birthday」がヒットしていた。同曲はアイスランド語と英語の2通りのバージョンが存在しているが、どちらも言語の違いをほとんど感じさせないような気が、当時もしていたが今もそう思う。どうでもいいと言ってしまうと乱暴かもしれないが、言語なんてどうでもいいくらいビュークのヴォーカルが突出した個性を放っている。
 私自身は普段主に聴いているものからビョークの音楽は逸脱しているのだが、それでもなぜか惹かれるものがあり、棚を探れば結構なアルバムが並んでいる。ザ・シュガーキューブス時代のアルバムもあるし、そのシュガーキューブス在籍中に、彼女が母国のジャズ・トリオとともにスウィング・ジャズに挑んだ『Gling-Glo』(’90)も持っている(名盤です)。買い逃しているアルバムも何枚かあったのだが、機会があれば、とまで思ってしまう。できれば、全部持っていたい…と思い始めるとモヤモヤしてきてしまい、ライヴ作以外のスタジオ作を全部ポチッとしてしまった。

『Greatest Hits』のジャケット画像 (okmusic UP's)

 最新情報からお伝えすると、現在は3月末になるだろうという新譜『Vulnicura』のリリースを待っているタイミングなのだが(国内盤は4月1日を予定)、CD版に先駆けてダウンロード配信はすでに始まっている。2011年の『Biophilia』以来、約4年5カ月振りのアルバムとなる。プレスリリースでは「本作は自らが“ハートブレイク・アルバム”と称しているように、愛する人との決別を生々しく描いた作品。ビョーク本人が長年連れ添ったパートナーとの別れを時系列順に辿っているという、これまでのビョークの作品には見られなかったリアルな題材が、非常に大きな話題に。サウンド面では、若き鬼才プロデューサーとして注目を集めているアルカ(カニエ・ウエスト、FKAツイッグス)やハクサン・クローク(UK出身の実験的アーティスト)と共同プロデュース&作詞作曲が行なわれ、ストリングスのアレンジメントも全編にわたってビョーク自らが担当」とある。新コスチュームなのか、いくつか刺激的なビジュアルも伝わってきており、相変わらずこの人の生み出すものには耳ばかりでなく目が離せない。
「Stonemilker」「Lionsong」「History of Touches 」「Black Lake」「Family」「Notget」「Atom Dance」「Mouth Mantra」「Quicksand」の全9曲からなるアルバムのうち、「Black Lake」という曲に関してはCD版にのみ収録ということになっている。そういう曲が珠玉の1品だったりすることが多いのだ、これが。
 そこで、彼女のディスコグラフィーの中から今回何を選ぼうかと。これは本当に難しい選択作業だ。過去のアルバムを買うよりは最新の、なんて思うのは当然なのだが、不思議と過去のアルバムもまるで新譜を買うような気にさせてくれるのは、世界中を探しても、もしかするとこの人ぐらいかもしれない。内容が古びないというか、耐用年数が長いというか、飛行時間が長いというべきか。
 考えてみれば、シュガーキューブス、そしてソロになってからの作品を、なぜか順々に買って聴いてきていたのだが、その天才ぶりをまざまざと見せつけられたのは『Vespertine』(’01)を聴いた時のことかもしれない。このアルバムは本当に繰り返し、繰り返し聴いた。アルバムにある透徹とした美しい音に浸っていると、心が洗われるようだった。彼女が主演した映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のサントラ盤『Selmasongs』(’00)の音楽も信じられないくらい美しい音楽だったが(同作に収録の「I ‘ve Seen It All」)はレイディオ・ヘッドのトム・ヨークとのデュエット)、『Vespertine』は抜きんでた作品で、確かその年の年間アルバムのベストに挙げるジャーナリストも多かったように思う。制作されてから15年も経過していることになるが、未だに時折聴いたりする。耳に馴染んだようには思えず、その新鮮さが初めて聴いた時のまま持続しているのだ。不思議なことだ。ならば、今回の1枚は『Vespertine』をと考えたものの、ほとんど声だけで制作されたという超意欲作『Medulla』(’04)も頭にチラついて決めきれず、とりあえず『Greatest Hits』(’02)を選ばせていただくことにした。これは、オフィシャルサイトでファンに人気曲を募り、それを元にビュークが選曲をしたということになっている。ということなので、これから彼女の音楽に触れてみようという方にもいいかもしれない。このベスト盤は1993年にソロ活動をはじめ、2001年の『Vespertine』までの約8年間の活動の間にリリースされた4作品から選ばれている。先に触れたように、どの曲にも旧作感がまるでない。最新作だと言われても納得できてしまうくらい、新旧の差がないのだ。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。