ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EXILE、3/14発売「WHAT’s IN?」4月号の表紙&巻頭に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

EXILEが表紙&巻頭を飾る「WHAT’s IN?」4月号が3月14日に発売となる。

昨年、EXILE TRIBEを牽引していたTAKAHIROには、ソロ・インタビューを敢行。EXILE一族の頂点に立つEXILEのボーカルとしての立ち位置、自分の役割などと共に、ファンの大切さを語る。また、アルバム『19 –AMAZING WORLD-』に収録される14曲をすべて網羅した全曲解説をTAKAHIROが担当。いち早くすべての楽曲を知ることができる。

NAOTO×NESMITH、白濱亜嵐×世界の同世代2組に分かれてのインタビューではお互いの印象や、EXILEに対する想いなど、熱い感情を吐露している。その中でも、新生EXILEのふたりのやり取りでは「中学生の頃、〈Lovers Again〉を歌っていたんですけど、大人っぽい曲なのに、若い世代にも広がっていく曲がEXILEには何曲もあるんだなって改めて思いました」という白濱亜嵐に対し、子供の頃に劇団四季の舞台「ライオンキング」に出演していた世界は「僕、カラオケでは〈ライオンキング〉のヤングシンバの歌しかうたわないんです。歌うときは劇団四季バージョンで歌っています(笑)」と意外な解答に。

EXILEにまつわるQ&Aの中では、“新生EXILEスタートから1年。あらたに知ったメンバーの思いがけない一面は?”という質問にNAOTOは、“佐藤大樹。20歳になりお酒が飲めるようになったんですが、意外と強いです”と答え、NESMITHは“世界。お酒の席などで音が鳴りだすと、DJのサイドMCをしたり、新しい世界を見ました”と解答するなど、今までに見たことのなかったメンバーの姿を語っている。

また、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの今市隆二がナビゲーターを務めるJ-WAVE「SPARK」(毎週木曜日 深夜1時オンエア)のラジオ現場に密着し、ラジオだけでは垣間見ることのできない、打ち合わせの現場から終了後までの流れのレポートと現場でのインタビューも敢行。ナビゲーターをするようになってから洋楽アーティストとの交流などもあり、刺激的な毎日を送っているという今市隆二。より音楽が好きになったという彼の本音が聞けるインタビューとなっている。

雑誌情報
「WHAT’s IN?」4月号
発売日:2015年3月14日(土)
特別定価:720円(本体価格667円+税)
仕様:A4、無線綴じ、並製、132ページ
ウェブサイト:http://www.whatsin.jp/

関連リンク

EXILE Official Sitehttp://exile.jp/
■EXILE mobilehttp://m.ex-m.jp/q?i=artist/exile/album/19/index

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP