ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

春の肌トラブル増加 美肌習慣ポイントは「食事と腸内環境」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 春の兆しが見え始めて、温度や湿度のアップと共に、“スキンケアへの気が緩みがちになる”という人もいるのではないだろうか。しかし、乾燥の心配から解放されてくると、代わりに紫外線量や黄砂・花粉に加えて、最近では大気汚染のPM2.5など、肌トラブルの原因が増加するのもこの季節。

 紫外線だけのデータを見ても、気象庁の「東京の月別紫外線量(2014年)」によると、3月はすでに「できるだけ日差しを避けた方がよい」レベルで、5月には真夏と大差ないレベルに到達するという。

 そして、まだ寒暖差が激しく、乾燥しがちな肌は、カサつきや化粧ノリの悪さだけでなく、表皮の角質層のバリア機能が壊れている状態のため、皮膚内部に有害な物質が侵入したり、炎症したりといった、肌ダメージを蓄積させてしまうケースも。こうした肌トラブルの悩みに対し、「私のクリニック目白」院長で医学博士・皮膚科認定専門医の平田雅子先生は、美肌習慣を身につけるためのポイントをこう語る。

「スキンケアでは『保湿』と『紫外線対策』ももちろん必要です。お肌のことを考えれば湿度は50%は欲しいところですが、室内は日常的にエアコンがかかっている状態で、多くの場所が乾燥しているため、お肌から水分が蒸発しやすい環境にいることが多いのです。また、紫外線については、まさにこれから注意しないといけないシーズンになりますので、少しでも浴びないようにすることが重要です。

 このような『外側からのスキンケア』も大切ですが、お肌の状態を良好に保つには、『内側からのケア』をベースとして、そこに『外側からのケア』を上乗せしていくことがポイントであることを忘れてはいけません。体全体を覆う皮膚は、いわば臓器を包む袋です。包まれた臓器に不調があれば、皮膚の表面にその影響が出てくるのは、むしろ当然のことです」

 また、美肌のための「内側からのケア」として、平田先生は“食事と腸内環境”の重要性を指摘する。

「腸と皮膚は大きな関係があります。良好なお肌を保つには、何よりバランスのとれた食事を心がけることが重要です。腸内環境を良くして体調を整えることが、『体の内側』からのスキンケアに繋がるという意識を持つことが重要です。特に、腸内環境を良くするためには、バランスの良い食事を心がけると共に、食物繊維の多い野菜・根菜類やヨーグルトなどの発酵食品を積極的に摂って、腸内で善玉菌を増やすことがポイントとなります。実はこれが、スキンケアでは最も重要なベースとなります。いくら外側からお肌をケアしても、ベースがしっかりしていないと、体の抵抗力も落ちて皮膚に悪影響が出て、長続きしなくなってしまうのです」(平田先生)

 しかし、食生活の改善や多くの食材を食べるように心がけても、例えば美肌習慣のために人気のコラーゲンなどは、食事から摂れる量はわずかなのに、美容記事などでよく見かけるのは“1日5000mgの摂取”の目安。これを食事からだけ摂るのは、ちょっと大変だ。

「スキンケアでは、腸内環境を整えながら、お肌に良いものを食事で積極的に摂ることも、もちろん重要です。紫外線やストレスで生じた活性酸素を除去する効果が期待できるビタミンC、荒れた肌の修復に関係するビタミンB、別名『若返りビタミン』とも呼ばれるビタミンEといったビタミン類や、保湿機能のあるセラミド、お肌にハリを持たせるコラーゲンなどが多く含まれた食事を継続的に摂ったり、不足分をサプリメントで補ったりすることで、効果が期待できますよ」(平田先生)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
コラーゲン ビタミンCやたんぱく質と一緒に摂るのがベスト
夕日にはシミ発生させる「UVB」が含まれないので素肌散歩可
鶏白湯ラーメンが女性人気を獲得 締めにはご飯を投入の店も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。