ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】飯嶋和一氏 6年ぶりの新作『狗賓童子の島』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】飯嶋和一氏/『狗賓童子の島』(ぐひんどうじのしま)/小学館/2300円+税

 なぜ教師を辞め、愚直なまでに小説と向き合う生活を選んだのか。約6年ぶりの新作『狗賓童子の島』を上梓した飯嶋和一氏(62)に、今更ながら訊きたくなった。

「私は母も祖父も教員でしたからね。そのままいけば確かに、人生安泰だった。ところが子供たちに何か偉そうなことを言うでしょ、全部自分に返ってくるんですよ。だったらお前は何のために、生きたいんだって」

 本作では「大塩平八郎の乱」(天保8年)に連座した西村履三郎の遺児・常太郎の半生を軸に、後に「隠岐騒動」(明治元年)とも呼ばれた島民の自治獲得の闘いを描く。

 パリコミューンに3年先んじたこの自治政府成立を、飯嶋氏は島民一人一人の感受性の事件として描き、流刑の島という舞台の特殊性と普遍性が絶妙だ。開国か攘夷かで揺れたこの時期、幕吏はなおも保身に走り、藩は圧政を強いた。そうした変化を受け止める人々の内なる変化こそが、時代を動かし、近代は良くも悪くも、その幕を開く。

「元々大塩の乱には、20年以上前から興味があって、例えば森鴎外は『大塩平八郎』の中で、大坂東町奉行所の元与力が私塾・洗心洞の塾生や部下の与力を唆し、大坂の5分の1を焼いたと、上から目線で批判している。ところが庶民のほとんどは大塩に同情的で、〈無尽講〉を装った汚職を暴き、無能で知られた東町奉行・跡部良弼やその実兄・水野忠邦をも摘発しようとした彼を、大阪では今も英雄扱いです。

 しかも蜂起には河内国に広大な田畑を持つ履三郎ら、大塩四高弟と呼ばれる庄屋までが連座し、支配構造の末端で安泰に暮らせたはずの彼らがなぜ蜂起せざるを得なかったかを、あくまで下から目線で描きました」

 大塩と養子・格之助が、美吉屋五郎兵衛宅で自刃し、丸焦げの首が晒されて以来、巷では父子の生存説が囁かれ、〈徳政大塩味方〉の幟を掲げた反乱も相次いでいた。幕府が残党狩りを急ぐ中、履三郎は伊勢から仙台へと逃れ、最後は江戸神田橋本町の願人坊主長屋で病死。一方、数え6つの常太郎は親類に預けられた末、15歳で隠岐に遠島処分となった。

 が、古くは後鳥羽上皇や後醍醐天皇も流された隠岐では、島後有木村の庄屋・黒坂弥左衛門らが四高弟の遺児を温かく迎え、敬意すら表した。当時幕府直轄の隠岐は松江藩の実質支配下にあったが、島後の中心地、西郷に赴任した役人たちは日夜遊蕩に興じ、食糧すら事欠く島民の生活など顧みもしない。庄屋として常に板挟みにあった弥左衛門は言う。〈常太郎さんの村も、この島も、根は同じだ〉と。

「例えば大塩の乱の5年後に起きた〈江州湖辺大一揆〉は詳細な記録が残っていて、いわゆる天保義民のひとり、土川平兵衛は言う。〈庄屋たるものの職分は、百姓衆を護ることにある〉と──。

 つまり当時相次いだ蜂起は生存権の闘いと言ってよく、飢饉や天災が続く中でなお搾取された百姓の窮状を見るに見かねた庄屋の思いを、本書では江州一揆の生き残り・杉本惣太郎ら、常太郎が島で出会う様々な人間に聞く形にしました」

 漢方医・村上良準の下で医術を学ぶ常太郎ら、実在の人物や義民史の間に虚構として紛れ込むのが、狗賓伝説だ。古来流人を受け入れてきた人々は目に見えぬ〈御山〉に棲む狗賓を畏れ、その姿を見た少年を狗賓童子と呼んで孔孟思想や武術を学ばせた。

 やがて彼ら精鋭が島の治安を担っていくが、ならず者を退治したのは〈金の嘴〉を持つ怪鳥の仕業。流人に島抜けされると困るが、死ぬ分にはお構いなしの怠惰な役人の裏をかく、自警の知恵だった。

「政治犯だけでなく無法者も流された島には、文化が入る一方、犯罪も増えた。ところが陣屋は何もしないし、自然が牙を剥けば為す術もない島では強かでなくちゃ生きていけないんです。

 そもそも海であれ山であれ、自然と共にある人々の間には畏怖の念が必ずある。最近はようやく日本人もわかってきたけれど。その場凌ぎの開発をただ重ねても痛い目に遭うだけだって。ここに出てくるお初一家の、樹皮から繊維をとって服を織り、その生命力ごと纏うような生活を、たぶん私は間近に見た最後の世代で、人間も自然の一部に過ぎないという感覚だけは、失っちゃまずいと思うんです」

 お初の米作りを手伝い、外国船が運び込む疫病とも闘うことになった常太郎は、漢方が主流の当時、〈牛痘種痘法〉を始め、〈防疫〉にも着目。洋の東西より島民の命を最優先する彼の熱意はやがて周囲を動かしていく。

 が、その後松江藩が召集した〈農兵〉の解除や井上甃介(しゅうすけ)らが提出した〈文武館設立嘆願書〉を巡って島内は分裂。むしろ〈正義党〉を名乗る急進派より、藩の犬呼ばわりされる穏健派の賢明さが印象的だ。〈藩と癒着した「奸商」などと言うのは勝手だが、松江藩や幕府の長崎俵物方役人に貸しを作る形で折り合いをつけなければ、この隔絶した島では凶作の起こるたびに大勢の餓死者を出す〉〈「正義」とは、何も教条的な理念をさすものではない〉

「島の者が今後どう食べていくかを考えるからこそ、彼ら庄屋は一緒に熱くなるわけにはいかないんですね。どんなに首がすげ替わろうと、〈愚昧なる民〉を求めるのが為政者の常で、隠岐騒動も結局は新政府に裏切られる形で幕を閉じる」

 昨今、島に蔓延しているのは疫病に限らないと常太郎も思う。例えば〈拝金の病〉だ。〈島民の畏怖を集めていた狗賓さんは、いつの間にか島びとの心から追い出され〉〈物欲と我欲とを丸出しにすることこそが進歩であり、因習から脱却できる唯一の方法であることを島びとに信じさせた〉

「その延長上に現代があるわけで、進歩なんて響きも相当胡散臭いと思った方がいい。何かを得ることは、何かを失うことですから。

 むろんこれは私の考えで、人によって全く違う価値観を共有できる相手が近くにいなければ、100年前の歴史上の人物でもいいと思う。朝起きたら巨大毒虫に化けていた『変身』の疎外された男の気持ちがわかる人はカフカと出会ってるわけだし、自分は孤独ではないと感ずるか否かに、小説や音楽や映画の価値はかかっている気が、私はします」

 常太郎の22年の流人生活に何を感じるかも人それぞれだが、皆に送られ赦免船に乗りこむ彼の表情が示すように、人と人が交感し、一瞬でもわかりあえた奇蹟の輝きは、歴史ですら踏みにじることはできない。

【著者プロフィール】飯嶋和一(いいじま・かずいち):1952年山形生まれ。法政大学文学部卒。中学教師、予備校講師を経て執筆に専念。1983年「プロミスト・ランド」で小説現代新人賞、1988年『汝ふたたび故郷へ帰れず』で文藝賞、2000年『始祖鳥記』で中山義秀文学賞、2008年『出星前夜』で大佛次郎賞と「キノベス」第1位に輝く。著書は他に『雷電本紀』『黄金旅風』など計7冊と寡作ながら、約4年に1作、〈出せば傑作〉の実力派として根強いファンを持つ。173cm、57kg、O型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2015年3月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『鴨川ホルモー』著者新作は大坂城が舞台の奇想天外時代小説
故勝新太郎さん 生前中村玉緒に残していたラブレターの内容
山崎豊子氏遺作は戦争しない軍隊・自衛隊を描いた未完の大作

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP