ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

淡路島5人殺害事件「いつか大きな事件が…」と不安感じた日々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「えらいことになりますね」

 弁護士から「今後も大きく報道されそうだ」と伝えられると平野達彦容疑者(40才)は、まるで他人事のようにそう語ったという。3月9日、兵庫県・淡路島の人口1400人ほどの田畑が広がるのどかな町(洲本市)で、一気に5人が殺されるという凄惨な事件が起こった。

 午前7時過ぎ、殺された平野浩之さん(享年62)の長女(32才)が「お父さんとお母さんが刺された」と110番したことで事件が発覚。浩之さんの妻・方子さん(享年59)、母・靜子さん(享年84)も一緒に刺殺されていた。また浩之さん宅から南東に100mほどの家に住む平野毅さん(享年82)と妻・恒子さん(享年79)も遺体で発見された。

 5人の命を奪った平野容疑者は2つの殺害現場から50mほど離れた場所で父と祖母と3人暮らし。

「平野容疑者は半年ほど前まで兵庫県明石市で暮らしていたようなんですが、淡路島に戻ってくると、自宅の離れで引きこもりのような生活を送っていたみたいですね」(全国紙社会部記者)

 平野容疑者と殺された毅さん、浩之さん一家とはトラブルがあったという。

「毅さんの家族は平野容疑者に無断で写真を撮られたことで、激しい口論になったこともあったそうです。また毅さんは親しい人に“(平野容疑者の)様子がおかしいので(警察に)見回りにきてもらっている。怒鳴り込んでくることもある”なんて漏らしてたことも…。さらに3月4日には、毅さんの家族は市が開催する無料法律相談に参加して、弁護士に近隣トラブルの相談もしていたことがわかっています」(前出・全国紙記者)

 実際、毅さんや浩之さんの自宅付近でパトカーがパトロールする姿も目撃されている。さらに平野容疑者のものと見られているSNSには、浩之さん方の地図や住所を示し、《人類の敵》《ストーキングと電磁波犯罪を徹底して行っている》などと中傷する書き込みを繰り返していた。

「毅さんも浩之さんも“いつかは大きな事件が起こるかも…”なんて感じていたはずです。それほど平野容疑者は不気味な存在だったようです。県警も被害者からの事件化の要請を受けて、捜査を始めた矢先の事件でした…」(前出・全国紙記者)

 平野容疑者は2013年10月頃まで同県内の病院に入通院して、妄想性障害と診断されていただけに刑事責任能力が認められない可能性も否定できない。

※女性セブン2015年3月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
酒乱で小心な神戸児童遺棄容疑者 分別怒られ雑木林にゴミ捨て
京都夫毒殺事件の容疑者の手口の酷似の直木賞作家の小説存在
宮城婚活サイト殺人事件容疑者の元夫は31才で不審死していた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP