ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorolaは香港でも「Droid Turbo」を発売? 香港向けのパンフレット画像が複数出回る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

香港の Motorola ファンサイト Hellomotohk が同サイトの Facebook ページで、香港に投入されると思われる「Droid Turbo」のプロモーション画像あるいはパンフレット画像を複数公開しました。画像には新フラッグシップとされる Droid Turbo の Black Ballistic Nylon モデルが写っています。価格は 5,598 香港ドル(約 87,500 円)です。Droid Turbo は元々、昨年 10 月に米 Verizon で発売され、その後、南米で「Moto Maxx」として発売されました。そして、最近ではインドで「Moto Turbo」として発売されることも発表されています。Droid Turbo、Moto Maxx、Moto Turbo の 3 モデルは、ハードウェアスペックは共通しており、対応する通信方式や周波数帯が異なっています。そもそも、「Droid」は米 Verizon が保有するブランド名であり、これまでに Verizon 以外で Droid ブランドの Motorola スマートフォンが発売されことはありません。それは Moto Maxx や Moto Turbo という別名が存在することでも証明しています。なので、香港で「Droid Turbo」として発売される可能性は低いと思うのですが、画像は公式っぽいタッチで制作されており、リーク画像のようにも見えます。画像によると、Droid Turbo の香港モデルのスペックは 5.2 インチ 2,560 × 1,440 ピクセルの有機 EL ディスプレイ、Snapdragon 805 APQ8084 2.7GHz クアッドコアプロセッサ、3GB RAM、64GB ROM、3,900mAh バッテリー搭載、Veriozn 版とほぼ同じです。また、画像に対応周波数は掲載されていないものの、同サイトによると、香港の LTE 1800MHz(Band 3) / 2600MHz(Band 7)には対応しているそうです。インド向けの Moto Turbo の情報が出た際に、一部では中国か香港向けにも同一機種が投入されると伝えられていました。今回の画像はその噂に関連したものなのかもしれません。Source : Facebook


(juggly.cn)記事関連リンク
ワイモバイル、ボタン電池1個で最長6か月もつJAWBONEの活動量計「UP Move」を3月20日に発売
Sony中国法人が正体不明のスマートフォン画像をWeiboに一時掲載
英国でSIMロックフリー版「HTC One M9」の予約受付が始まる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP