ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フォークの神様・杉下茂「バットに当てられたのは1回くらい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本プロ野球の草創期に中日のエースとして活躍した杉下茂氏は、巨人V9を率いた川上哲治氏と選手として、そして指揮官として対戦した。御年89歳になる、日本球界初のフォークボーラーとして知られ、「フォークの神様」と称される杉下氏が、その「フォークボール」について語った。

 * * *
「本当はフォークを投げるのは好きじゃなかったんだけどね。僕の目指していたのは川上(哲治)さんをど真ん中のストレート3本で打ち取れる投手。みんな弾き返されたけど(笑い)、これでもか、これでもかと向かったものです。優勝した1954年は監督命令だから仕方なくフォークを投げていただけでした。

 フォークといっても僕のは揺れながら三方向に落ちた。球質はナックルなんです。捕手が随分ケガをしましたね。バットに当てられたのは1954年に、真田の重やん(真田重蔵。松竹、大阪などで活躍した)に1回くらいかな。

 今の選手たちが投げているのはフォークじゃなくて、SFF(スプリット・フィンガード・ファストボール=※注)ですよ。本当のフォークを投げられたのは、僕の知る限りでは村田兆治、野茂英雄、佐々木主浩くらいです」

【※注】人さし指と中指でフォークボールよりも浅く挟んで投げる変化球。フォークよりも落差が小さく、スピードが速い。田中将大(ヤンキース)らが得意としている。

※週刊ポスト2015年3月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「フォークの神様」杉下茂氏 「あれはナックル」と告白する
金田正一と米田哲也は軽く投げて160キロ台と小山正明氏証言
ヤクルト・杉浦稔大に「ライアン2世」の黄金則を見たとの評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP