ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【北陸新幹線開業記念】今年、奮起してほしい石川県出身の野球人たち~松井秀喜を生んだ土地のニューヒーローを探せ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 明日、3月14日にめでたく開業する北陸新幹線。これまで電車では約3時間50分かかっていた東京~金沢間が最速で2時間28分! 約1時間20分も短縮されるとあって、北陸への観光客の大幅増が見込まれている。逆に考えれば、石川県から他地域へのアクセスも増すことになり、地元出身選手を応援したい、という野球ファンであれば今まで以上にプロ野球の球場に足を運ぶ機会も増えるかもしれない。

 そこで、石川県を代表する高校野球の名門校出身選手から、今季、特に奮起を期待したい選手をピックアップしよう。

◎釜田佳直(楽天/金沢高出身)

 金沢高時代は2011年春、夏の甲子園に出場。高校日本代表にも選出された逸材が楽天の釜田佳直だ。2011年ドラフト2位で楽天に入団すると、ルーキーイヤーに高卒新人ながら19試合に先発して7勝を挙げる活躍を見せた。

 ところが2年目、右ヒジを疲労骨折してしまいボルトを入れて骨を強くする手術を受けることに。さらに昨年3月にトミー・ジョン手術を受けて全治1年と診断された。

 手術からちょうど1年後の今年3月6日、教育リーグで約500日ぶりにマウンドに登った釜田。1イニングだけではあるが、ストーレトの球速は147キロを計測するなど、その回復ぶりは確かであることをアピールした。このまま復活への道を歩むことができるのかに期待が集まる。

◎島内宏明(楽天/星稜高出身)

 星稜高時代には2007年夏の甲子園に出場。明治大を経て、2011年ドラフト6位で楽天に入団したのが島内宏明だ。2013年は、シーズン中盤から外野手のレギュラーとして出場機会を増やし、楽天の日本一にも大きく貢献した。

 ところが、昨季は出場66試合と大幅ダウン。2012、2013年と3割台をキープしていた得点圏打率も2割2分台に急落するなど、勝負強さも影を潜めてしまった。

 このオフは結婚をして心機一転を期すシーズンとなる。まずは、レギュラー争いに勝ち上がらなければならない。

◎角中勝也(ロッテ/日本航空二高出身/写真)

 高校時代は甲子園に出場できず。独立リーグの四国アイランドリーグで頭角をあらわしたのが、日本航空二高出身の角中勝也(ロッテ)だ。

 ロッテ外野陣において盤石なレギュラーではあるものの、2012年の首位打者、という実績を考えれば、昨季の打率2割7分台は少し寂しいところ。

 高校時代は知る人ぞ知る存在だっただけに、今こそ見たい、という地元民も多いはず。再び首位打者争いを繰り広げるくらいの活躍を期待したい。

◎松井秀喜ミュージアムや石川ミリオンスターズにも要注目。

 一方、石川県に行って野球を堪能したい、という場合は石川県能美市にある松井秀喜ベースボールミュージアムにぜひ足を運びたい。

 また、石川県をフランチャイズとしる独立リーグ、BCリーグ・石川ミリオンスターズには、昨季まで日本ハムに所属していた多田野数人がコーチ兼選手として入団。さらに驚きなのが、かつてロッテで活躍したフリオ・フランコが監督兼選手としてチームに加わったことだ。話題性という部分ではNPB球団にも引けを取らないだけに、今後の球団運営も含めて注目してみてはいかがだろうか。

 スマホマガジン『週刊野球太郎』では、センバツ開幕直前に日本一可愛い高校野球マニア・乃木坂46の衛藤美彩さんが登場! 甲子園バックネット裏の住人ことラガーさん現地レポートもやります!

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑 for auスマートパス』でも、センバツ甲子園に出場する注目選手を詳しく解説! この選手名鑑は『週刊野球太郎 for ドコモSPモード』内にも新メニューとして追加しました!

 現在発売中の『野球太郎』の選手名鑑に続き、『野球太郎No.014』が3月18日に発売します。特集は『オレに訊くな!』、タブーや想定外の質問をあえてぶつける挑戦的な企画です。中田翔(日本ハム)が不敵な笑みを浮かべた質問とは? 張本勲氏から「あっぱれ」をもらったテーマとは? 発売日をお楽しみに!

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』はauスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードに対応、『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』はauスマートパス、ドコモSPモードに対応しています。

■関連リンク
野球選手とバッティングセンター
今季注目の「モノノフ野球選手」
福島県ゆかりの野球人の「戦い」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP