ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジミヘン、布袋、民生、miwaらが愛用したギターの名前、わかりますか? 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オーケストラの演奏やライブ、あるいは伝統芸能の場などで見かける多種多様な楽器の数々。そのなかには、楽器名がわからず、一体どのような楽器なのだろうと、疑問を持った経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 本書『ケータイに便利な世界の楽器詳細図鑑』では、鍵盤楽器、弦楽器、管楽器、打楽器、そして民族楽器や電子楽器まで、その数なんと約350種類もの楽器の情報を網羅。普段よく見かける楽器から、見たこともないような珍しい楽器まで、端的に特徴をおさえながら、イラストつきで丁寧に説明されていきます。

 たとえば、「弦の振動をピックアップ(マイク)で電気信号に変換し、ギター本体と接続されたアンプを介して音を出すギター」として、古くは1930年代の初期に誕生したという、エレクトリック・ギター。

 本書では、ストラトキャスター、レスポール、エレクトリック・シタールと、様々なエレクトリック・ギターを紹介。そのなかには、変形ギターである「フライングV」も。

 フライングVは、ジミ・ヘンドリックスやレニー・クラヴィッツなど時代を越えて有名アーティストに愛された名機。日本のポピュラー音楽シーンでも愛用者は多く、奥田民生さん、布袋寅泰さん、草野マサムネさん、小山田圭吾さんの他、最近ではmiwaさんがNHK紅白歌合戦で弾いていたりと、その特殊な形を実際に目にした方も多いのではないでしょうか。

 そんなフライングVの本書での説明は、以下の通り。

「ギブソン社が製作している変形ボディーを持つソリッド・ギターの一種。逆V字型のボディー形状が特徴で、伝統的なギター形状から大きく異なるこのようなボディーを持つギターは、『変形ギター』と呼ばれる。フライングVは変形ギターの先駆け的な存在。
ソリッド・タイプのエレクトリック・ギターはアコースティック・ギターのように中空ボディーを共鳴させる必要がない構造なので、このような変形ギターが各メーカーから生まれている」

 気になる楽器を見かけたら、本書のイラストを参考に、それがどのような楽器なのか早速探してみてはいかがでしょうか。また逆に、本書を読んでいて気になった楽器があれば、その楽器がどのような音を出すのか実際に耳で確かめてみると、お気に入りの音色に出合えることもあるかもしれません。

■関連記事

発祥は福岡 日本型「ホワイトデー」はなぜ生まれたのか
反日感情と「同居」する中国人の日本好きの実態
原作ファンだけでなく、亀梨ファンも必見!  『ジョーカー・ゲーム』番外編がネットで公開

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP