ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】人は死ぬまでに「7000匹」の動物を食べていること、知っていましたか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お肉が好きな人にとっては、衝撃的なニュースがDaily Mailから届いた。一人当たりの人間が生まれてから死ぬまでに、なんと「7000匹」もの動物を、食していることが明らかになったのだ。

Daily Mailによれば、80歳の男性または女性は平均的に、以下の動物を食しているという。

11頭の牛
27匹の豚
2400匹の鶏
80匹の七面鳥
30匹の羊
4500匹の魚

ここでの動物の大きさはそれぞれ、牧場で飼育されている動物の平均サイズだという。

スーパーで売られているお肉の、
ブラックな真実

またこの動画は、食肉生産の「オートメーション化」を赤裸々に映し出した映像だ。鶏や豚の飼育から屠殺。回転している牛の生産プロセス・・・。このようにして、日々食べているお肉があなたの食卓に並ぶのだ。

オートメーション化して大量生産された食肉を、大量に消費する人間は肥満に苦しんでいる。最後の映像シーンは衝撃的だ。

※動画には刺激の強いシーンが含まれています。閲覧にはご注意下さい。

無駄をなくしていくこと

肉を食べることが悪いわけではない。ベジタリアンやビーガンになるべきだ、というわけでもない。

ただ、あなたがもし余分にお肉を購入してしまい、無駄に捨ててしまうときには考えて欲しい。あなたが7000匹もの動物の命を頂いていることを。

Reference : Youtube
Licensed material used with permission by elite daily

関連記事リンク(外部サイト)

【衝撃の真実】「ドローン」が暴いた、世界最大級・豚肉生産のリアル
35秒後、クラブにいる男性が全員ガイコツに。そこに隠された、衝撃のメッセージとは?
イブラヒモビッチ選手が試合中に見せた「無数のタトゥー」。そこに隠された真意とは

TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP