ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小野リサ、ゴスペラーズらが豊洲より被災地へエール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年10月にオープンした、震災復興を目的としたライブエンタテインメント専用シアター「チームスマイル・豊洲PIT」にて、3月11日「CINEMA MUSIC JAM for 東北 @豊洲PIT」が開催された。

映画音楽をテーマに小野リサ、ゴスペラーズ、サラ・オレイン、ジェイコブ・コーラー、TOKU、溝口 肇、楠井五月(ベース)、宮本貴奈(ピアノ)、山田 玲(ドラム)らがセッションを繰り広げた。

アナと雪の女王の主題歌「Let it go」や、ニュー・シネマ・パラダイスの主題曲「New Cinema Paradiso」など計20曲、震災から4年目のこの日思い思いに奏でた。

本公演の模様は、WOWOWライブにて3月31日19:00より放送予定。

なお、豊洲PITは、エンタテインメントを通じて東日本大震災の復興支援活動を続ける、チームスマイルによって設立され、そのネーミングは「Power Into Tohoku!」の略。

PITは、東京と東北に4つ作られる予定で、福島・いわき、宮城・仙台、岩手・釜石に先駆けて、豊洲が昨年10月にスタート。豊洲PITの収容人数は、スタンディング形式で3000人。この事業によって生まれた収益金は、東北3県のPITの開設や運営、復興支援のための活動に全額活用される。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP