ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリーン電力でスマホを充電できるポータブルガジェット「JAQ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エコでクリーン。電力や、自動車などの工業製品を開発する上でのキーワードだが、クリーン電力でスマートフォンなどの端末を充電できるモバイルガジェット「JAQ」が間もなく登場する。

・塩と水の化学反応で発電

スウェーデン企業「MyFC」が開発中のJAQは手のひらサイズで、中にカートリッジを入れると発電し、2400ミリアンペアの電力を提供するというもの。

このガジェットの“肝”となっているのが、「power card」と呼ばれるカード型のカートリッジ。水と塩化ナトリウムが入っていて、化学反応を起こして水素を発生させる過程で電力を得る。

JAQにはUSB差込口がついていて、JAQと端末をケーブルでつなぐと、端末が充電される仕組みだ。

・軽量で持ち運びラクラク

JAQそのものは約200グラム、カートリッジも1つ40グラムと軽い。なので、キャンプなどアウトドアアクティビティ時や移動の時などに活躍しそうだ。

ただし、発電はカートリッジをセットしてから1、2時間ほどしか継続しないので、端末を充電する直前にカートリッジをさしこむ必要がある。

・カートリッジは使い捨て

カートリッジは使い捨てで、水と塩化ナトリウム、そしてリサイクル素材のみを使用。一般のごみとして廃棄することができ、開発元は「環境フレンドリー」とうたう。

化石燃料を一切使わず、しかもソーラー発電のように時間もかからないことから、次世代のモバイルバッテリーとして注目されそうなこのガジェット、今年後半にはお目見えする見込み。

価格は未定ながらJAQ本体が75ドル前後、カートリッジが1ドルほどになると予想されている。

MyFC

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP