ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サラ・ブライトマン、宇宙ライブの抱負を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国際宇宙ステーションで歌う予定のサラ・ブライトマン(54歳)が10日、ロンドンで記者会見に臨んだ。9月1日にソユーズで国際宇宙ステーション(ISS)に向けて飛び立つ。BBC他イギリスのメディアが伝えた。

「技術者達は飛行の準備をしているが、私は歌うだけ。地球上の合唱団や子供達やオーケストラと一緒に歌う。それが出来たらとても素晴らしい事」と語った。宇宙ステーションには10日間滞在する。今回の費用は60億円だそうだ。

宇宙ステーションで歌う曲は、ミュージカル「オペラ座の怪人」のプロデューサーで元夫のアンドリュー・ロイド・ウェバーと書いている。大ヒット曲「タイム・トゥ・セイ・グッバイ(君と旅立とう)」の歌詞のようになるか、期待していいかもしれない。以下の写真はサラ・ブライトマンのHPより。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP