体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「アニメ制作の核心に迫れた」 アニメ(ーター)見本市監督陣が振り返り

「アニメ制作の核心に迫れた」 アニメ(ーター)見本市監督陣が振り返り

日本アニメ(ーター)見本市 セカンドシーズン/(c) nihon animator mihonichi LLP.
[[スタジオカラー]]と[[ドワンゴ]]による短編アニメ配信プロジェクト「[[日本アニメ(ーター)見本市]]」が、3月13日(金)よりセカンドシーズンを開始する。

『[[キルラキル]]』などを製作したアニメ制作会社・[[TRIGGER]]の参加や、大ヒット中の映画『[[ベイマックス]]』でコンセプトデザインをつとめた[[コヤマシゲト]]さん、漫画家の[[安野モヨコ]]さんらが新たに監督としてラインナップされるなど、これまで以上にバラエティに富んだ短編アニメを配信していく。

【庵野秀明監修】「日本アニメ(ーター)見本市」セカンドシーズン新作プロモーションビデオ

そして今回、第1期で個性的で独特な世界観の作品を送り出してきた監督陣がそれぞれの作品を振り返った特別コメントが編集部に届いた。

巨大ロボットものを描いた『イヴの時間』や『サカサマのパテマ』などで知られる[[吉浦康裕]]さん、「エヴァンゲリオン」の別世界を描いて話題を呼んだ[[荒牧伸志]]さんといった、日本アニメ(ーター)見本市を彩った面々によるふりかえりコメントを紹介していきたい。

「日本アニメ(―ター)見本市」第1期監督陣による ふりかえりコメント

Q1.本企画をきいたときの感想は?
Q2.実際にアニメ制作ををしてみての感想、これまでの制作現場との違いや、手ごたえは?
Q3.今後のアニメ制作における展望などあれば

第2話『HILL CLIMB GIRL』監督・谷東さん

『HILL CLIMB GIRL』(c)2014 nihon animator mihonichi, LLP.

A1.スタジオカラー デジタル部の案件で、尊敬していて仲良くして頂いていた方達からお話をいただき、しかも自転車案件。お話を頂いたのは2014年初頭だったと思うのですが、なんていい年なんだって思いました。僕の年代には多いと思うのですが約20年前にエヴァをみて業界に入る決意をしたので、テンションあがりました。

A2.CGアニメは初めてでしたが、ある程度作りこんでからのアングルやレンズの検討など、演出の自由さに3Dの未来を感じました。アニメーターの方からは毎日、こんなカット、こんなつなぎ、こんな見せ方はどうかと山のように提案を頂きました。スタジオカラーの現場の貪欲な熱気は、ものすごく刺激になりました。

A3.チャンスが有ればまたCGアニメを作りたいです。アニメにおけるCGの画面比率は今後減ることはそうないと思います。

第3話『ME!ME!ME!』監督・吉崎響さん

(c)2014 nihon animator mihonichi, LLP.

A1.作り手が主体となる唯一無二のすごい企画だと思いました。そして夢を実現できるチャンスにめぐり合えた!と思いました。

A2.本当に自由に作らせてもらえて、学生時代の文化祭をやっているような感覚でとても楽しかったです。才能ある多くの方々と関れたり、アニメーション制作の核心に迫れた気がしました。

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。